はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

激走!焼き肉

◆タイキさん
 >浦沢さんばかりが評価されがちな本作の魅力を大きく支えているのはこの二人が居てこそというのを言ってました。
今作ここまでの、浦沢さん連投→曽田→荒川→浦沢……、という脚本ローテは、適度なスパイスの変化があってかなり上手く回ってますよね。曽田さんがかなり、浦沢的なものを汲み取りつつ戦隊的なものをキープした、良いバランスのエピソードを書いてますし、荒川さんも合わせて、この二人はやはり、“書ける”人だなーと改めて。
 >次回作「メガレンジャー」でテーマになっていた「高校生戦士」の設定は「若さ故の未熟さ」をより引き出しやすい設定になっていて、
 >今作で活かしきれなかったものを活かそうということだったのかもしれないですね。
恭介と健太は、青臭い熱暴走という要素を持ちつつ、なんだかんだ社会人、バリバリの高校生、というので裏表の要素はあったのかもですねー。
 >シグナルマンってもしかしてチーキュの警察から「お前はこことここだけを守ってくれ」みたいなやり取りが裏でなされていて、
 >守備範囲が制限されているせいかもしれないですね。
ああ、上に話が通っている、というのはありそうですね。そう考えると、サイレンダー出動時に、なぜか地球のパトカーらしきものが先導しているのも納得です。