はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

宇宙の真理・道交法

◆タイキさん
 >ボーゾックの「バカさ」ってこの辺から来てますね。やってること自体は物凄い極悪非道の筈なのに、あっさり離脱が許されるというw
その辺りがよく考えると「怖い」というのが、面白い悪の組織ですね。
 >シグナルマンのとかくルールに縛られてしまう悲しい規律体質の姿はボーゾックとも上手い対比になっていて、
 >シグナルマンとは対照的にとことんまで社会のルールを無視して欲望を貪ってるのがボーゾックという感じで
ああ確かに、シグナルマンとボーゾックを「ルール」を挟んで対比させてもいるんですね。そう考えると今作なりに「正義と悪」について掘り下げて描いたエピソード、といえそうですね。
 >真っ当なヒーローになったかのようで寧ろ余計にややこしいことになってるっつーのが如何にも浦沢って感じの作風ですね。
この手のメタは一歩間違えるとただの野暮になってしまいますが、全体をギャグにする事で相対化しているのと、仕掛けの凝り方で面白くなっているのがさすがですね。