はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

3点リードが増えがち

◆さやまきさん
 >今回完全に自爆だと思ったのはリベリオンIDカードでした
随分唐突だなぁと思ったら、これはさすがに企画ネタでしたか。
 >小太郎の手作りではなく(手作りのほうがまだ良かった)本部に頼んで作って貰ったと明らかになるんですが
ああ、確かに手作りの方が微笑ましくなって良かったですね。仲間の絆、という意味でも押しつけられた(しかも忘れられていた)既製品よりも、自分たちで作り出した感じが出ますし。
 >ツルギ個人の情報は幕府が隠蔽していたとしても少なくともキュータマの伝説をアテにしてたんならその事やアルゴ船の事を
 >全く知らないなんてリベリオンの情報収拾能力ってどうなってんだ?としか思えません…
結局、ずっと曖昧にされていた「救世主伝説」ってツルギと88人の勇者の事だったぽいですが、その割には知らなすぎだし、反応に感動が無いですよね……(^^; なにやら歴史改変?ネタと繋がっているのかもしれませんが、自然な反応の後にひっくり返しがあるから驚きになるのに、とりあえずの自然な反応が描かれないのでただただ不自然という……。
 >規模としてはそこそこな感じに描いちゃってるので
リベリオンは完全に都合のいいでたらめブラックボックスになってしまいましたね。せめて安易に行けなければ良かったのですが、その気になればいつでも行き来できるので致命的に面白くなくなりましたし。
 >幕府打倒を掲げながら戦力は八犬士…じゃないキューレンジャー以外に考えてないのか?とか
 >とにかく司令(まさか健忘症で済ますつもりなのか)とリベリオンという組織への不信感が増す一方です…σ(^_^;)
最終的に、キュウレンジャーはそもそも囮で、幕府殲滅の為の超兵器イシン・スターとか持ち出してくれた方が、ダーク組織としてはしっくり収まりそうな(笑)
◆輝剣さん
 >今回はなんというか、悪い意味でキュウレンジャーの平常運転だったような印象を抱きました。
平常運転の底抜け感がどうにも極まってきてしまいましたね……。
 >個人的に一番嫌だったのは「どうぞどうぞ」のダチョウ倶楽部のネタを赤二人と司令でやっちゃったシーンでしたね。
ついさっきまで、重要な動機付けになっていたトラウマに関わる事なのに、「あかるい」と「かるい」の区別が無くなってしまってますよね。
 >そういう描写は根拠となりうる事前描写とか今まで積み重ねてきたそのキャラへの視聴者からの信頼があって初めて意味があります。
センスの問題なのか経験値の問題なのか、結局のところ「タフなユーモア」描写は、本邦のヒーロー物と相性が良くないのでは、とは思ってしまう所です。
◆つがなさん
 >今作って「誰か一人か二人にスポットを当てると他が真っ暗になる」という悪い作劇を地で行ってますよね。
前作が特に、メインでないキャラにも毎回一つ二つポイントを与える、というバランスが非常に巧かっただけに、凄く悪目立ちしてますよね。
 >(第1話での自分の『陽気と茶化しを履き違えないで欲しい』という心配が完全に的中)
残念ながら、これはどんぴしゃりになってしまいましたね。いっそガルの一族全滅から笑い飛ばしていたら作風になりましたけど、中途半端にシリアスなので悪ふざけに見えるんですよねー。
 >加えて仰るとおり、ラッキー以外のオリオン号組がツルギをどう認識していたのか全く不明瞭。
ツルギの発言を真面目に受け止めていたのはラッキー、スパーダ、ラプターだけで、他のメンバーはもはや知性すら漂白されているのでは、という気もしてきました。小太郎なんかは多分、ツルギについて一言も触れてないですしね……。
 >バランスもチャラさと狡猾さを併せ持つ盗賊ということで「本当にこいつを信用して大丈夫なのか」と懸念してみせてもいいはず。
 >普通ならそういうところも人間関係構築の材料として取り込んだりするんでしょうけど、ね。
BN団はホント、巧く使えば凄く良いスパイスになったと思うのですが、そういったチームものとしての面白さ、というのが完全に欠落したままですよねー。個性と個性の化学反応が時に団結、時に衝突となって模様を織り込んでいく筈が、話の都合で真っ平らな一色に塗り固められているという……。
 >…それとも逆にその辺面倒くさいから全員ギャブラーに飲み込ませたんじゃないだろうな?
正直、そういう事だろうと思います。
 >強引に盾に絡めず、ガルに言ったような「俺達はあんたを置き去りにして逝っちまうほど弱くねえ!」のほうがツルギの心動かせそうな気がしました。
どうも作り手はラッキーを「予想外の発想で状況をひっくり返す男」にしたいみたいですが、材料が揃っていないのに説得する口だけは達者な男になってますね……。
 >「300年前の宇宙の出来事なら300歳のバランスや、あるいはもっと長命な機械生命体なら何か知ってるんじゃないか?」というのは全く無意味でした。
ツルギの「凄い年上」発言にバランスが絡むような事があるかと期待したら、全く無かったのは残念でしたね(^^; そしてキャラクターを活かさず、凄いマジックアイテム登場で話を転がしてしまうという……。
 >まあ「チャンプのメモリー」や「スコルピオの下克上」といったネタを思わせぶりにちらつかせおいて、結局何の伏線にもならず終わってきたから
それらしく煽って、完全放置、が段々お約束になってきましたね……。