はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

野生の存在証明

◆とまさん
 >はじめまして、とまと申します。私もレオキさんのように特撮ファン歴は浅いです。私は第1話からナーガが大好きです。
はじめまして。コメントありがとうございます。
 >20話でナーガがキュータマを必死で守って瀕死の傷を負ったにも関わらず感謝しないわ心配しないわでもう本当にナーガがかわいそうで…。
突き詰めると“人数が多すぎる”といういつもの問題点になるのかと思いますが、従来作品なら入れられた細かいフォローや描写がとにかく足りていないんですよねぇ……。
 >ハミィ
は、感情表現が率直、という立ち位置なのでしょうが、どうもそのプラスの面が描けてないですね(^^; もうちょっと細やかな所があれば良かったのですが、むしろ脳が筋肉グループですし……。
 >仲間に冷たくされ、願いを否定されたり放置された挙句の果てに悪堕ちという悲惨な末路…。
こうなってみるとどうもスタッフは、後で目立つ予定だから、多少扱いが雑でも良いだろう……と思っていたっぽいですね(^^; その雑さを無視してイベントだけ放り込んでしまったので、色々ちぐはぐさが増してしまった気がします。
◆五月サツキさん
 >ガルがツルギのことを信頼どころか信用すらしてなかったのには唖然としましたね。
今回のエピソード限りの煽りの為に、一応の積み重ねを後ろ足で蹴り飛ばしてしまって、あんまりでしたね。
 >そしてすっかりラッキーの忠犬になってしまいましたね……。中の人が危惧していたことが起きてしまうとは。
自分の意見らしきものを口にした直後だっただけに、これまで以上に酷い事に……(^^; 役者さんコメントを知った後だけに、なんだか、いたたまれない気持ちになってしまいました。
 >ラッキーのことは尊敬しているけど、間違ったことをしようとしているときは力ずくでも止めるキャラになると思っていたんので残念です。
当初はそういう、男と男の絆、みたいな狙いがありそうだったのに、悪い方向に転がってしまいましたねぇ……。
 >キュウレンジャーレジスタンス的な組織なのに、どうも緊張感がありませんね。結構絶望的な世界観だと思うんですが。
ギャグとかシリアスとか関係なく、そこ外してしまうとキュウレンジャーとしてのオリジナリティが失われてしまう部分なのに、凄くあっさり、忘れ去りますよねぇ……(^^;
 >焼肉している間に侵入されるオリオン号のセキュリティの薄さは一体。あの時船内にはバランスも司令もいたと思うんですが。
普通に爆弾設置されていたら最終回でしたね……(笑)
 >内容はどうであれ、絶賛闇堕ち中のナーガ以外全員にセリフがあったのもよかったなと思います。
この流れだと次回オリオン号組は出番なしの可能性もありそうで、適正人数でうまく回ってくれるの期待したいです。
◆さやまきさん
 >そもそもこれまでの話をギャグテイストでまるっと見せられても いやこれカーレンジャーじゃないんですが(苦笑)
今回最大のギャグというか、伝説の9人の救世主! の直後に2人追加、の「9人の意味なんて無かった」は流れで見るとちょっと面白く感じてしまいました(笑)
 >腰痛をやたら発症する司令は今後戦わないという理由作りなのか?
それで指揮官に徹したら、それはそれでスッキリしますかね……(^^; 司令とツルギのどちらが主導権を握るのか、という割とデリケートな問題を曖昧にしたまま、パーティー分断初回を初登板の脚本家に投げてしまうのも、どうも構成の差配が良くないですよねー。
 >忠犬ガル公もここに極まれりとか
ちらりと牙を覗かせた分、尻尾の振り方が露骨になってしまいましたね。さすがにネタ通りこして、げんなりです。
 >ナーガを探してんのか探してないのか解んない残留組と不自然にナーガを気にしてないバランス
バランスが何か仕掛けている?のが伏線ぽい感じでしたが、5人でブラブラしているのは、割と謎でしたね(笑)
 >正直ラストのツルギのアップを見て[今回の話ひとつも要らなかった(ツルギのアップが前回のラストでも全く変わらない)な…]と
この3年連続でやってますが、夏の総集編って時期的に難しい所はあるのでしょうね。年末年始だと残り話数のやりくりはともかく、決戦前にこれまでを振り返って、最終章への振りを入れればそれらしくまとまる、というのはありますし(^^;
◆めるさん
 >ギャグを面白いと思うかどうかは個人差激しくて難しいですよね。
そうなんですよねー。私は台詞回しや間で笑わせてくるのが好きなので、ちょっと今回は苦手な傾向の笑いでした(^^;
 >私はけっこうつぼにはまるところが多かったし、この回以降、子供達もなんてこった!を連発するようになったのですが(^^;
おお、ツルギ大勝利(笑) 「なんてこった!」は、日常生活で使いでがありそうですね……。
 >ラプター参戦の時にラッキーとスパーダが意見割れたとき、ガルはラッキーに断りいれてスパーダ支持を明言してるんですよね。
 >それなのに今回は...これについてはちょっとがっかりしました...今後、どうにかしてくれたらなあ、と願うばかりです。
恩人プラスアルファでラッキー大好きは良いとして、ガル個人の信念が見えなくなってしまっている、というのが残念ですよね。
 >トケイキュータマの時のツルギのコタローへの対応は多分、彼にしてはあり得ないほど優しかったんだろうとは思いました。
どうもツルギ途中で老化止まっているみたいですし、同種族の少年に対しては思う所あるのかもなぁ……というのがもうちょっとあの回で出せると良かったですよねー。
 >ツルギの態度もキレ芸が先なら、意外と優しいところもあるんだなあ、となるかもしれないのに...と...
小太郎にだけ見せる顔、みたいなギャップを示せれば意味が出たんですけど、あのシーンは改めて勿体なかったですね(^^;
 >スティンガーはサソリ固めより、恐竜でのボケの方がインパクトあって、メインの話が終わったらギャグ要員に回されるシステムなのかしらと思っていました。
恐竜ボケ、発想は面白かったのですが、そもそも目的の時間についていない筈なので、どこからボケなのか悩んでしまいました(笑)