はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

壁を越え行こうよ

◆さやまきさん
 >ちょっとギャグの入れどころを違えたような(引きずりたくなかったんでしょうけど)
いつまでも龍我が暗いと確かに面倒くさいかもですが、今回ぐらいは思い返しても良かったですよね(^^;
 >ボトルの組み合わせは龍我の閃きというよりもその程度の法則が(既にラビタンを見つけておきながら)解らない?のがちょっと疑問で
戦兎、ベルトに検索(発声?)機能つけた時点で、満足していたのでは……(笑)
 >既にビルドは1話の前にも何体もスマッシュを撃破してボトル製造を行なってる筈なのに
 >消滅した人物はいなかったんだ…というのが背筋がちょっと寒くなりました
やはりそこは、そういう可能性が示唆された上でそれでもビルドは戦えるのか、という話を彼女消滅の前に別個でやっておいた方が良かったですよねぇ……。子供を守る為とはいえ、今回はなんの躊躇いもなくスマッシュ倒してしまいましたし(^^;
 >僕はてっきり外洋まで出て迂回するのかと思ってて、それにしてはちっさい船だな(予算の範囲内か)と思ってたら
 >出航してすぐ裂け目から渡ってしまったのでちょっと腰が抜けてしまいました
私も大回していくのかとばかり思っていて、予算とロケの問題が露骨に出てしまった感じでしたね(^^; あれだったら壁を抜けるシーンは要らなかったのでは……という感じでしたが、解釈つけるとすれば、壁の切れ目が不定期に移動するので、小さな船を操る密入国のプロでないとあの隙間を抜けられない……とかでしょうか。
 >こんなに明確に渡る手段があるなら断絶はそもそもされていないのでは…という気になってしまって困りました
第1話でヒゲの人が、10年前の式典出席者は性格が悪くなった(大意)みたいな事を言っていたのでそちらが大きいという事なのかもですが、その辺りもうちょっと派手な描写があっても良いかもですねー。
◆ゆーりさん
 >555でスマートブレインに反逆してるのにスマートブレインのマンションに住む木場達(笑)
勇治のぽややん具合は特例だと思いたいです!(笑) 諸々、後でもよいので、巧く物語に組み込んできてくれると嬉しいですね。
 >仮面の下の涙を拭え(これはテッカマンブレードですが)なイメージがある仮面ライダーで今までとはまた違ったアプローチだと思います。
 >仮面ライダーを意識しつつも、新しい定義づけをしようという感じが見えてきてるので期待です
立ち下がり、今作としてのヒーローをどう生み出すか、という作りなのは良いですよね。ビルド/戦兎をどう描き、そこに龍我をどう絡めてくるのかは、今後も楽しみです。