はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

後継者たち

◆つるさん
 >今回、ただ夢と悪夢を対比するのではなく、ケイ先生にとってのベリアルや、ノンフィクションの悪夢を書きたいアリエ、
 >地球侵略を狙う宇宙人、全部がそれぞれの夢といった捻りが良かったですねー
子供番組としてはストレートなテーマを扱いつつ、多層的なアプローチは面白かったですね。特にテーマをかなり屈折させてきたアリエをどう着地させるのかは、楽しみです。
 >冒頭のリクの台詞も、前回までをしっかり踏まえて、ただのギャグになっていないのがとても良かったです
ジード』は、「ヒーローってなんだろう?」という点でかなり気配り見えるのは凄くいい所ですよね。
 >一応ジードのゼロは本来の力を出せていない風の描写があるので、もしかすると今後への布石かもしれませんが…
今の流れだと、ゼロはもう一跳ねあっても良さそうですよねー。父と師匠のカプセルで最終決戦限定モードとか出てくると熱いかもとは思ってみたり。
 >どちらかと言うと、ダダロボが想像よりもかなり格好良く、おまけに映画の怪獣も登場と、出番を喰われた感があるのが少し可哀想でした(笑)
ダダロボはパイロットといい腕のギミックといい、やたら格好良かったですよね……(笑)
◆さやまきさん
 >ザイゴーグ(デザインイメージは[地獄]で能力的にはジェロニモンも入ってるくさい)
ああ成る程、地獄というのは、そういう感じだったのですね。
 >(設定上でも倒すのは不可能で監督的にもゼットンを思い出補正200%で再現したものだったそうなので)
その説明だけで、なんかもう駄目だ感が漂いますね……(^^;
 >最終盤にかけてラスボスクラスの怪獣がまだ出てくるらしいですので
 >ジードも含めてお祭り感が増した感はありますね(次の作品へのハードルも高くなりそうですけど)
タイラントが雑魚扱いだったのもむべなるかなというか……インフレ路線に開き直ったみたいですが、出てくるヤツ出てくるヤツ、根源破滅とか、超次元なんとかなのは、段々面白くなってきました(笑)