はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

夢は枯れ野を駆け巡る

◆さやまきさん
 >今回いちばん僕的にツボだったのはレイトがモアとゼナ先輩に両脇をガシっとホールドされてしまう所のテンポの良さでしたww
レイトさんの役者さんの引き出しもあり、あそこ面白くて、いい緩急になりましたよねー(笑)
 >映画仮面ライダー the Firstでショッカーサイドのヒロインを演じてて演技もアクションも両方こなせるって長石監督に褒められてましたww
ああ! あのコブラの人だったんですか! もう12年も前の映画になるんですねぇ……。
 >もう少しアリエさんと他の人との絡みがあったらモアの悲しみも更に倍増だったんですが(ゼロもレイトも関わってる筈なのにその辺スルーだったので)
レイト(ゼロ)が唯一面識ありましたが、まあ、変に触れてもややこしくなるという判断だったのでしょうか……。逆にモアは面識なくても、情緒と職務から感情移入が不自然ではない、というのは積み重ねが効いていて良かったですね。
 >(最期の時にアリエが表情を作ってれば明らかに意味が変わったと思うのですがそれは演出で止めたのかどうなのか解りませんけども)
ショックとも納得とも、特にハッキリ強調して描かなかったのは、視聴者に解釈を委ねる感じでしたね。
◆ゆーりさん
 >葉山君のシリーズは最初は軽く読めるシリーズかなあと思ってたのですが、この巻はちょっとシャレにならないような事件が多かった気がしますね。
前作の七不思議もちょっと暗めでしたが、長いシリーズでかつ『サザエさん』時空ではないので、作者の作風の変化の影響が大きい感じですよね。そういう点では、ある程度の所できっちり終わってほしいシリーズだなと。
 >柳瀬さんが相変わらずなのは救いかなと思います。
葉山くんに頑張ってもらって、良い着地を見たいものです。
◆つるさん
 >個人的にアリエをトリックスターと言うよりも、夢を追うキャラクターと見ていたこともあり、
 >夢が狂信に変わるというのが唐突に感じられ、その最期にもイマイチ乗り切れませんでした
ギエロン回との反応の差を考えると、物語の段取りが変わったとかあったんですかねー……。執筆の為なら倫理観の逸脱をいとわないという、リク達が完全に理解できない地球人と相対させてしまうのがやりにくかった、とかあったのかもですが、悪い意味でテンプレートに寄りすぎてしまったのは残念でしたね。
 >考えてみれば先生はベリアルのノンフィクションライターとも言える存在だったので、今回とは逆に、
 >先生を掘り下げることでアリエも掘り下げることに繋がってくれたらいいなあ、と
その辺り綺麗に繋がっているので、隠し球でもう一跳ねしてくれたら、嬉しいですね。