はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

強風

◆久仁彦さん
 >私は世紀末救世主や雷神(エミタイ)っぽく格闘武器メインで頑張ってます。
当初は、この設定なら超人血清キャラか……? と考えていたのですが、そうすると善人プレイに引きずられそうだったので幅を取ろうと銃撃タイプにしたにも関わらず、
 >ミニッツメンの居住地防衛クエストでパシリばっかやらされてるけど
目先の経験値に惑わされてミニッツメン扱いされている自分がニクいです(笑) クラフトは楽しいんですけど。
 >この人絡みのサイドクエストもSF&ハードボイルドしてて面白くてオススメ。
おお、楽しみです。声もいいですよねー。
 >ハマると軽く数百時間は持ってかれるシリーズなので、合間合間にキャベツ感覚で
 >『バイオショック』でも挟んでください。余計胸焼けするか、そうか。
適当なところでプレイ記をまとめようかと思っていたら、次から次へとやる事ができて延々と続けてしまい、恐ろしいゲームですね。『バイオショック』は心が平穏な時でないとまずい、と思って中断したきりなので、いずれ落ち着いてから再開したいです。
◆ネオーンさん
 >それだけに戦争編序盤で彼女を殺した仇であるヒゲ所長の下で黙って働く龍我と言う意味不明な展開が気になるんですよね。
『ビルド』のこの、香澄をただの話のパーツとしてしか見ていない扱いに関しては、ホント酷いと思います。
◆輝剣さん
 >タイミング的に4人目扱いになっているゴウ兄さんですが、彼の生存が確認される前から4人目は準備されていたわけで…
ゴウ兄さん、こういう、さらりと自分好きキャラが出るところが、全面的に先輩キャラとして信用おけないところですね(笑)
 >おまけに名前が久津ケン…必殺拳のダジャレであります。チャレンジにもほどがある(笑)
ああ! というか、ええーっ?!
 >クロコダイルといえばこれまでは重装甲と歯型だったのに動物番組で認知が上がったのでスピン技ですね。
ああなるほど、くわえてひねる、から来ていたのですねあのスピン技。
 >…おまけに上司の工場長は真面目なシーンでも美咲とランに粉かけるエロファンです、ストレスたまってそうですねー
ただスクラッチとの業務提携は相当太いパイプでしょうからね……生活の為にやむをえず、社外取締役の存在も受け入れたのかと思うと、なんか本当にここだけ、妙に世知辛くて……。
 >聡太郎氏、ベテラン・石田太郎氏といきなりホームドラマとか大変だったでしょうねェ。
この為に石田太郎さん出演は豪華でしたねー。
 >影ゴウには違和感がなかったですが、影ジャンのすごいギャップが(笑)
ジャンはこういうギャップの面白さも出せるキャラなので、後半で何かネタがあると良いのですが。
 >ゴリーと猫師匠にべったりになって、「おい、シャッキー、メンチカツ買ってこい、師匠だろ」と言い出す恐れも(笑)
……い、言いそう(笑) そしてサメ師匠は、「わかったよジャン!」と喜んで買いに行きそう……(涙)
 >エースとは…センスのある秀才のことなのか。
も、ものはいいよう……。
 >スーパー化+追加戦士加入でリンシーの出番が増えて、ゲキレンジャーを引き立ててくれればいいのですが。
今作の戦闘員はホント、新装備や新キャラが出てきた時の派手な踏み台扱いになっていますが、そろそろ落ち着きそう?なので、たまにはゲキレンジャー全体での爽快な勝ち星もあげてほしいですね。
 >ケンの活躍への温度差が…認めたく無さげな兄弟と大喜びなジャン。
結局今回の問題で、ジャン以外の3人は「人格」面を最大の問題にしていたのに、ジャンに引きずられて「実力」でOK出してしまったので、あんまり解決していないんですよね……。