はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

青春と木登り

◆wander_sheepさん
 >並んでへたばりっぱなしの戦兎と万丈、泣きながらただ見ているだけの美空と紗羽、ひどい画だなぁと思いました・・・。
もう少し、見せ方に工夫が欲しかったですよね……『ビルド』は全体的に、視聴者の感情を動かそうとするよりも、劇中人物の感情を押しつけてくる、という絵作りの傾向が強かったな、と改めて。
 >この場にわざわざ全員集合させたことがそもそも失敗に見えます。
考えてみると紗羽って表向きはフリージャーナリストだった筈ですし、使い方によっては「仮面ライダー」と「市民」の間を繋ぐ役割を与えられたので、そういう部分でも勿体なかったですね。
 >作り手の「エキストラを大量に集めました!すごいでしょうこの迫力!」以上のものは、私には特に感じられず。
 >だからこの回で唐突に大衆がライダーを応援し始めたのは、あっけに取られてしまいました・・・。
映画を踏まえてもあまり繋がっているとは言いがたい感じだったのですね(^^; なんかどうも、折角なのでこの延長線上で1ネタ、という場当たり感がありましたよねーあの突然の展開は。
 >「ママには連絡あるが」っていうのがリアリティのある不和だなと(笑)
ああそこはちゃんと繋がっているんだ……というのは面白かったですね(笑)
 >潜水艦なのか飛行船なのかよくわからない新ビークルのデザインも個人的に好みで、快盗アローも文句なしにかっこよかったです。
今作のややアンバランスな大きさの強化武装路線は見せ方も、含めて格好いいですよね。
◆タイキさん
 >この話を見てて思ったのは小林さんはいわゆる「男受けする可愛いヒロイン」が書けないのかなってことです。
男受けというか、小林さんの中に“綺麗なお姉さんに憧れる少年”というジャンル的な引き出しがなかったのかもですね……小林さんにしては妙にプロットと噛み合っていないなと。
 >「タイムレンジャー」のユウリ以降小林さんがユウリや茉子姐さん、ミオみたいな武闘派タイプのヒロインに傾いていったのも今作のサヤの反省があるからかもしれませんね。
改めて並べてみると、ユウリがストーリーの中核に入って、タツヤとの関係性の変化に焦点が当たったのは、サヤの反省点を踏まえたのかなという感じが結構ありますね。
 >「どうすればゼイハブを倒せると思う?」と聞かれて「ギンガイオーでゼイハブを踏みつぶせば良いじゃない!」と答えられ、
 >余りにも早熟過ぎる回答にどう反応していいか戸惑ったそうです(笑)中の人は勇太君以上に勇太君でしたという。
地球人の闘争本能……!
◆鷹Deさん
 >いつも配信が終了してから感想を更新されるので配信見るの忘れてたと焦りました...w
実のところ理想は、配信期間中に更新したいんですよね……(笑)
 >小林脚本回でもそんなに特色がないのを見るにあんまりサヤだけキャラ付けうまくいかなかったのかなぁと思いますね。
他のキャラ付けが上手く行っている中、サヤだけ典型的な、“紅一点だから手をかけなくてもなんとかなるのでは”という扱いになってしまってますよね。キャラとしてのポイントがヒュウガとの関係性なので、それをあまり進めるわけにも行かないというのも足枷になってますし(この辺り、『タイム』のユウリに活かされたのかなとは思えます)。
 >ギンガマン、途中から入ってくるキャラはおらず退場を繰り返してる組織としてはあるまじき仲の悪さですよね...w
魔人含めて個々のスペックが高すぎる事で、多少切り捨てても大丈夫、というのが組織としては駄目な感じになっているという(笑)
◆さやまきさん
 >みんなゴウキになっちゃったボック〜
ゴウキは身内でもそういう位置づけなんだな、としみじみ(笑)
 >サヤを憧れの女の子として見る少年というのは視聴者目線的にもまぁ許容範囲ではありましたが
プロットはおかしくなかったと思うのですが、やたら噛み合っていなかったのは、小林さんの中にその引き出しが無かった感じもありましたね。
 >ゴウキの恋を応援してるから鈍感なのではなく単にサヤをそういう目では見てないだけだと思いますが
勇太くんの中ではサヤは多分、「銀河戦士」というくくりですよね(笑) ヒュウガとの関係を応援している、というのもありそうですが。
 >しかもそれがバルバンの中で情報共有されてない所に良くも悪くも悪の軍団らしさが出てきてます
これを伏せたまま進む、というのがバルバンは、ややこしい仲の悪さですよね。
 >悪だけど筋を通すキャラはカッコ良く描かれがちですし人気も出ちゃいますけど
 >本来のヒーローを喰ってしまうというのは(しかもそれが首領だったら尚更のこと)マズいですから気を使わざるを得ないんでしょうね〜
ブドーが完全にそのルートで、最終的に帳尻を合わせる事になりましたが、視聴者の反応を見ながら、かなり気を遣うところなのでしょうね。