はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

ノエルサンバ

◆さかもと。さん
 >まぁこういうキャラって動かす人のさじ加減ですぐにキャラの持つニュアンスが変わっちゃうので製作陣も圭一郎には手を焼いてそうです
演出が一つアクセルを踏み間違えると、コースアウトして戻ってこなさそうな所があるのが、圭一郎はちょっと不安になりますし、作り手としてもバランスの難しいキャラになっている感じですよね。
 >(なぜかノエルと警察の距離はどんどん離れていってますけど)
ノエルの性格と頭脳を考えると、わざとやっているぽいのは気になるんですよねー。
 >怪盗としてはあまり相手と近くなりすぎるとやりにくくなるし警察としては怪盗と近くなりすぎると正体が分かったときの
 >ショックが大きくなってしまうでしょうし、ノエル(製作陣)の思惑が大変気になるところです
確かにノエルの行動は、裏を返せば物凄いデメリットも伴っていますね。ダイスの目がどちらに転がるのか、この先の波乱要素として楽しみです。
◆スピリットヒューマンさん
 >なるほど、私はノエルの面の皮の厚さの方に気を取られていましたが、言われてみれば確かに(笑)。
咲也は打たれ強さが、変な領域に達してきたな、と。なんか役者さんもネタが好きな傾向があるようなので、キャラに反映されているのかもですが(笑)
 >リビングで視聴していたところ、たまたまそばにいた母はマツケンサンバの時の松平健氏みたいと言っていました(笑)。
ちゃんと金銀Xのモチーフになっているのが面白かったですが、確かに、結果としてマツケン(笑)
 >今回総集編にしては時期が早いなと思ったのですが、内容も細かい芸も面白く前半をまとめて後半への布石もいくつかおき、折り返しのエピソードとしても良かったです。
『ニンニン』『ジュウオウ』『キュウレン』と、ここ3年は夏場に総集編(風味)が入っていて、予算節約の事情がありそうですが、恒例になりつつある感じですねー。
 >そういえばついこの間深夜にやっているルパンの新作の話で、銭形が記憶喪失になってルパンが取り戻させてあげるという話がありました(笑)。
そんな所でシンクロが(笑)
◆輝剣さん
 >外見がほぼジャガーバルカンなだけに既視感あふれる映像でしたが、前作のメガシップがあるだけに巨大母艦復権の流れがあったんでしょうか?
次は完全にそっち路線になりますものねー。今作はどうしても、無理矢理感が強いですが(^^;
 >同じ失敗で全財産没収になった銀河商人さんもいるんですから船長もここまでは有情。
一応、身内ですものね……。
 >市太郎も…汚れも感動路線も両方いけるという圧倒的強みがあって唯一無二ですが。
市太郎、あれだけ酷いのに、シグナルマンとの絡みなどは真っ当にいい話だったりするのが、『カーレン』の恐ろしい所ですね(笑)
 >誇り高い系にこの仕打ちは酷い(笑)。ストーカーになっても許されるレベル。
シェリンダからすると、バッドステータスの所を襲撃したら小学生に体当たり食らった上で完敗を喫し(主観的には)情けをかけられる、と踏んだり蹴ったりですよね……ギンガの森の仇といえる相手ではあるので、どんな決着がつくかは楽しみです。
 >以前の星獣の面影?と関連付けて、なんとか世界観を維持していこうという特撮スタッフの努力が感じられましたね。
愛嬌をつけるというのも含めて意図はわかるのですが、なんか、冷静に考えるとグロい描写にはなってしまったなと(^^;
 >こっちの方向で深めていくと前作の終盤展開に近づくので触れられてはいなかったのでしょうが。1回ぐらいこういうスパイスの話も必要でしょう。
バイクの都合で色々と大雑把でしたが、リョウマに森の外で友達が出来たりとか、中盤で正道ゲストエピソードをやって、外からの視点を入れてくれたところは良かったですね。
 >サンバッシュが存命時に出てきてくれていれば…あるいはサンバッシュ戦死直後に出てきて、「こいつのバイク、サンバッシュより強い!」とか
なまじバイク乗りキャラが居ただけに、サンバッシュは思い出してしまいますよね。どうせ多少強引なら、サンバッシュのツーリング仲間だったとか繋げた方が飲み込めたかもですね。
 >財団Bについては、ギガライノスはパワーレンジャー(舞台は宇宙)で必要だったんでしょうからやむを得ないですが、バイクもそうなんですかね?
割とホント、はなぜバイク……? ですよね(笑) 今見ると若干、ここから『クウガ』のゴウラムに展開したのか……? という風に見えなくもないですが。
◆MOPさん
 >総集編でしたが仰る通りテンポが良くて小ネタもアクションも伏線もちょっといいシーンも盛り沢山で楽しめました。
ほんとサブライターでも布石をどんどん置いてくる作品ですが、お陰で合間合間にたるみが無くて面白かったですね。
 >ハリウッドスターのネタはキャスティングの時から狙っていたんですかね。
役者さんのお笑いでの持ちネタかと思ったら、そういうわけでもないようで、スタッフ側で暖めていたんですかね……(笑)
 >重そうなくらい金色だったノエルをはじめ、皆それぞれ似合ってましたが、特につかささんの落ち着いた薄紅の浴衣姿はシックでとても綺麗でした。
つかささんは凄く、アップの髪と浴衣が似合ってましたねー。
 >ある意味物理法則を超えた力で自分たちの不幸をリセットしようとしている魁利たちに対し、
 >喪ったものは全ては取り戻せないと知りながらそれでも今ある世界を守ろうとする警察戦隊
確かに『ビルド』の最終回と比べると、くしくも『ビルド』の中にあった二つの可能性が、W戦隊にそれぞれ示されているとも見えますね。果たして今作がどんな答えに辿り着くのか、引き続き楽しみです。
◆島嶋さん
 >咲也w最初はいまいち掴めないキャラクターだったのですが、いつの間にか愛すべきバカとして色々と期待してしまっていますw
素直な後輩かコメディリリーフか、と思っていたら、どちらの属性も持ちつつ合わせ技で飛び道具を放ってくるという、こういう化け方をするとは思いませんでした(笑)
 >デストラさんの身内への情が見える場面は快盗達への類似点であり危険性(特定の他者への深い情はあるが自分達の外側の他人に対して冷めている)なのかなと思います。
ああ成る程、快盗の中にある暗黒面の凶暴な具現化、というのは納得です。
 >殺意の高さは劇中の快盗の危険度の認識がよく分からないので疑問には思うのですが明らかにすると色々面倒な部分なのでぼかされたままかなと。
この辺りはどうしても、戦隊的な勢いのノリはありますよね。ここ詰めてしまうと全体のリアリティレベルを1段階上げないといけないので、濁しているのでしょうね。
 >(兄の影と保護対象であってその人自体を知ろうとしていない)次回の謎旅でその辺りを補強なりしてくれないかと期待しています。
今回の総集編で、W赤が正面から絡んだのは5−6話まで遡るのか……と気付かされたので、いよいよ後半戦が本格スタート! という感じもあって、どこまでやってくれるか楽しみですね。
◆KEYさん
 >警察主体=このノリ合うー。すげぇ楽しー!
 >怪盗主体=このノリ無理……。キツイ……。
ああ……確かにそうなると、楽しめる時とそうでない時がハッキリして、もどかしい作品になってしまいますね(^^;
 >微妙なさじ加減が必要なキャラだけに、上手く描ける人が中々いないんでしょうね。
わかりやすいキャラかと思われた圭一郎が、ほぼ香村さん専用機になっているのは、今作のなかなか難しい所ですよね。そういう点では、ノエルは割と、常にノエルなのは、面倒くさいキャラを上手く工夫した感じですね。。
 >魁利の中の人のインタビューで撮影初期に監督から圭一郎は兄と似ていると説明があったそうなので
やはりそこは、意識的に関連づけられているのですね。魁利の役者さんとしても、そこわからないと距離感が難しいですものね。
◆wander_sheepさん
 >テキスト量から考えても大変なお引越しでしょうけど、陰ながら応援しています!
ありがとうございます。はてなブログなら、ボタン一つでインポートできるようなのですが、この量がすんなり行くのやら……(笑)
 >あと、現実世界の出来事ではなくても、記憶として具現化されるんだなぁと思いました。
咲也のネタありきではあったのでしょうが、圭一郎にとってかなり印象的な記憶だったのだろうか……と考えると、それはそれで不穏……いや、初美花があそこに居た事を根強く疑問に思っているから、ですかね(笑)
 >親交が深まるほど、裏切られたという気持ちも膨らむのではと思うのですが、ノエルはそのあたりはどう考えているのでしょう・・・。
ノエルの思惑含めて、どう転がっていくか楽しみですね。今の話の流れだと、どこかで圭一郎がノエルの狙いを越えてきそうですが、それが一体どこになるのか。
 >快盗メンバーはストーリー的に崩しにくいですし・・・とはいえ、よく見ると魁利も結構思い切って表情を崩したりできる人に見えます。
魁利は目的の為なら道化を演じるのは苦にしないでしょうから、今後そういうアプローチもあるといいですね。とりあえず次回、二人をどう見せてくるかは楽しみです。
 >そもそも心情的にもう近しい人を無下になんてできないのかも知れないですね・・・。
以前に初美花のトラウマが「自分をかばった人が傷つく事」だと示されましたが、そう考えると魁利にとってのトラウマって「突き放した相手が傷つく事」なので、意識無意識は別に、決定的な訣別というのを避ける癖がついているのかな、と思うようになってきました。
◆あきさん
 >そんなすべてを前向きに受け入れて突き進むポジティブお化けが唯一、好意的に受け止められない言葉が「良い人ですね」という(涙)
今となっては、咲也に初美花という明確な弱点がある事に、何かホッとしますね……(笑)
 >本来は対になるシザーと同様に登場直後からブーストするはずが、グッテイ販促優先〜追加戦士のターンで割を食って今になったのかなあと思いました。
ああ確かに、そう考えると自然ですね。ブースト装備は概ね格好いいので、今後も登場してほしいものです。
 >職場のヒルトップは呼んでないのにジュレ組は浴衣まで用意ですからね。
グッティぐらいは呼んであげても……と思いました(笑)
 >レオタード回でのご指摘もそうですが、今回も快盗達に警察メンバーへの気持ちを見つめさせようとしてますしね。
かなり今回はストレートに来たので、後半に向けてノエルの考えを見せていったのかなという印象です。
 >もしかしたらその部屋と似たり寄ったりの彼の心に、兄貴の古い写真以外のものが増えていって欲しいと気遣っているのかなあと思ってみたりしました。
魁利が圭一郎に兄の残像を見ているように、もしかしたらノエルも魁利に誰かを見ていたり……するのかもしれないですね。