はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

BtoZ

◆五月サツキさん
 >ビルド感想、お疲れ様でした。なんというか、ビルドは青羽が死んだあたりまでがピークだったかなあ……と。
色々な点で、作品としてもあそこが引き返せない分岐点だった感じですね。あれをきっかけに、戦兎の人間性の問題がむしろ悪化したのは予想外でしたが(^^;
 >エボルトを消滅させられるのは大きなメリットですが、せめて無関係の多くの人たちを犠牲にしてしまうことに何かしら言及があればよかったのですが……。
科学者の責任論も含めて、結局最後まで、肝心の部分には戦兎がというか物語がというか、逃げたままだったのは残念でしたね。
 >今までの話は戦兎と万丈を語り手にした回想?だった、というのは面白かったです。
今作の一つ特徴といえる緩さへのオチの付け方としては、面白い仕掛けでしたね。作品全体への印象が良ければもっと良かったんですが(笑)
 >終盤のぐだぐだ感は次回作から少なからず影響を受けたのかと思うとなんとも言えないです。
『ジオウ』への引きが、何も影響なかったとは、ちょっと思いがたいですよね。色々と、負の連鎖があった感じで。
 >私もあまりいい印象はないので、お祭り作品?を盛り上げられるか心配です。ニンニン放送当時、ハリケンレッドとニンジャレッドの扱いにはイライラしたので……。
表面上のネタを拾っただけで満足してしまうところがあるのは、大きな不安点ですよね。そこからきちっと掘り下げて、キャラの中にあるテーマを見出すところまでやってくれると良いのですが。
◆輝剣さん
 >考える前に体を動かしていたので今ようやく考えるようになった、と。(弁護になっていない)
「体」担当……。
 >ただ完全に事案であり、刑法上まごう事なき誘拐犯。誰か暴走特急ケンを止めましょう(しかも相手は外国の大使令息!)
カールくんも店のケーキを台無しにしていたので、誘拐というか保護……? その場の勢いで、ケーキ全部買い取ってスクラッチに請求書つけていそうですし、ケン。
 >一人愉快なメレ様は素晴らしいのですが、双幻士は二体とも魅力的なキャラとは言えず…。
怪人ポジションの面白くなさは、幻獣拳編入ってからの弱いところですね。
 >説得も終始一貫ケンの主観的善意を押し付けるもので久津家の生育環境が窺えてしまいますが、逆にこれぐらい無神経にならないと状況を動かせなかったでしょうし。
無神経さが突破口になるフォーマット、としてはむしろギャグにする事でクッションになっていて、そこは良い判断であったと思います。どちらかというと、ケンよりも終始役に立たないガゼル師匠の株が下がっていくのが……。
 >ゴリー先生、比較的良識派だけど「どうせペンギンにいいようにされるなら自分も使ってあげた方が合理的」と判断しかねないですし。
パシリはみんなの共有財産!(涙)
 >この年のクリスマス商戦大丈夫だったんでしょうか?
サイダインは不評だったそうですが、正直、まあ不評だろうな……と見えてしまうのが困ったロボで(^^;
◆やずみさん
 >この作品、OPで堂々と王道ヒーロー像を謳い上げながら、実際の本編では王道を装うことすらあまりやっていないと思うんですよね。
『マジ』が非常にストレートだったので、裏を意識していた所があるのかもですが、「宿命に対するネガ」とか「運命に選ばれなかった男が最後まで選ばれないまま」とか、割と変化球を仕込んできてますよね。
 >やっぱりストーリー上で大事な部分じゃない、というのがハッキリ分かってしまうのが厳しいですね。
もう一工夫あって並列の戦いの両方が盛り上がるとまた違いますが、今作は全体的に何かが一枚足りないですよね……。
 >「敵方の恋愛関係のヒロイン」というと、近作だとグリッタ嬢が思い浮かびますが、それよりさらに作中の扱いがいいように思いますね。
グリッタの場合、序盤のフックから中盤のキーまでは巧く化けましたが、後半に消化不良になってしまったのに対し、メレ様は見事に、積み上げを重ねてジャンプを決めましたねー。
◆chi‐chanさん
 >結局新世界とジオウ世界ビルドは別扱いになってしまったそうで…。
『ジオウ』見ましたが、第1話の限りでは、『ビルド』組の扱いは、んん……? みたいな感じでしたね。次回、「仮面ライダー」とは何かを主人公に伝える役回りになるのなら、『ビルド』のいい部分が出そうではありますが。
 >新世界エンドは武藤さんの設定→大森さんがジオウ開始を知り世界融合でエグゼイドまでの世界と統合→でもジオウ世界やそっちのビルドはさらにパラレルだった……と東映ヒーローmaxにありました。
ああ成る程、元々の構想を大森Pの方で『ジオウ』に合わせて修正したものの、最終的にはそれは採用されない事になった、みたいな流れなのですね。まあ、作品世界の独立性は、保たれているに越した事はないですよね。