はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

パトカー受難

◆タイキさん
 >ある意味ではこの「ルパパト」って戦隊シリーズで今まで敢えて避けられていた「公VS私」の対決と言えるかと思います。
W戦隊というコンセプト時点で、恐らくかなり意識して、そういう対比図にしたのかな、とは思います。そう考えると、両戦隊の接点となろうとする「X」とは、シリーズ的な位置づけとしては何を意味しているのか、というのはまた気になってくるところです。
◆輝剣さん
 >そもそもヨシー自身がコレクションの特性を自覚しておらず(把握しているのなら善人になった彼自身がつかさに警告するでしょうが、彼は善意でつかさに譲渡)
単体で考えても、なぜそんなコレクションが渡されていたのか、という所で納得させてこそ面白さの生じるエピソードだったので、なんかネタの為のネタになってしまいましたよねー。
 >その結果ヨシーがただただ「善意を裏切られるつかさ」というシチュエーションを構成するだけのギミックになってしまったのが残念でした。
そして虚構の中でつかさに何かあったのかというと、ノエルから「お人好しでも気高かった」と言われるだけで、見ていてうーん……となってしまいました。
 >いつもは腹黒い笑顔で警察戦隊を誘導するのに、今回は最初から「罠に決まっている」と頑なな態度だったのも違和感がありましたね。
次回で拾われる可能性もありますが、それが特に、真相と関係するわけでもない、というのも面白くない所でしたね。
 >(現状圭一郎の当初の疑念通り快盗側の潜入工作員と言って過言ではない)
今回わざとらしく「国際警察・潜入捜査官!」と名乗りで決めていましたが、この点に関して現状、圭一郎が完全に正解、というのもなんだかまずいのでは感ありますよね(笑) 逆転の一手がある事を期待したいですが。
 >取り調べシーンで思ったのは「そういえば警察戦隊なのにベテラン警官の役回りの人がいないんだ」でした。
従来のパターンでいうとヒルトップがそのポジションなのでしょうが、実務、しないんですよね……(笑)
 >グッディの言う事にまったく耳を貸さずに突貫して完敗というのは、踏み台にしても酷い
上げて落としてバランスを取るというのは今作の一貫した手法ですが、落とすだけだとこうなる、という悪い見本になってしまいましたね。
 >そういえば、またパトカー破損していましたね。今回は戦闘員だけの襲撃だったので小破ですみましたが。いつか活躍できるんでしょうか…
パトカー出てきたところで、以前のコメントを思い出してドキドキしていたら、見事に壊されて笑ってしまいました(笑)