はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

ステージ2開始

スティール・ボール・ラン』(荒木飛呂彦)は面白いなぁ……
ページ数があって読ませる、という効果もあるとは思いますが、やっぱり、荒木飛呂彦は良い。単純に、臆面もなく面白い、と思う漫画家の一人です。
まあ、横山光輝の昔より、多少のわけのわからなさは、マンガのパワーでねじふせる、みたいな作風が好きというのもありますが。
あるレベル以上の漫画家は物語の展開やテンションの波によってこのパワーを出せるのだという風に思っているのですが、それを常時発散気味の人がどうも好きなようで。パワーだけで誤魔化そうとするとジョジョ4部みたいになりますが(^^;