はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

レス

 >id:toroneiさん
2巻と3巻の堂々巡りもなんか変な感じでしたよね……。あの辺りは良くも悪くもマンガそのものがタナベさんにイニシアチブを握られすぎたのかな、という感じもしましたが。
 >id:Atoriさん
初めまして。コメントありがとうございます。
なんか足りないですよねぇ……木星到着とかあっさり流しすぎる辺りも、気になる所なのですが。なんとなく、細かい所でSF的な楽しさをすっ飛ばしがちというか(^^; マンガとしてはそれが良かったのでしょうけれど。
あと、私個人としては“SFとしてがつんと来るものがなかった”というのもありました。最終的に別に宇宙を背景にしなくても書けた気のするテーマに行き着いてしまったからいうも有るのかな、とは思いますが。