はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

話を小耳に挟んではいたけれど

そうか、本当にアニメ化するのか『BRACK CAT』矢吹健太郎)……。
うーん、これに合わせて、雑誌で新連載『BRACK CAT』第2部! とか始まるとけっこう最悪ですが。矢吹さんは“少年マンガ描き”として、そこそこいい物持っていると思うのですけど、あまりにも引き出しが足りなすぎるというのがあって、その辺りをきちっと詰め直してから、完全新作で再勝負してほしい人なのですけどねぇ個人的には。
要するになんだろう、もう一度、階段を登り直してきてほしいのですよ。今、途中の踊り場から再始動、というのはあまり為にならない気がするわけで。
一度は応援していた身として(途中で見捨てたのですが(^^;)、この展開はちょっと心配。
あと、けっこう個性の強いマンガがそれなりの支持を得ている現在のジャンプで、黒猫をあのノリのまま持ち込むのはちょっと危険な気もする(^^; 編集部として出来る限りの延命処置をほどこした挙げ句に哀れ討ち死に、という可哀想なパターンがなんとなく想起できて。
まあ、全て仮定の話ではありますが、実際、何もしない、という事も無いだろうしなぁ……。ちょうど今、グループ会社が『うえきの法則』でやっているのと、同じ事をやりそうな気がして仕方がないんですが。実際、商売としてはそういう連動が無いと困るし、商売抜きのアニメ化など、無いわけで。
さてはて。