はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

久々に宮部みゆきを読んだ

東京下町殺人暮色 (光文社文庫)

東京下町殺人暮色 (光文社文庫)

そういえば、文庫化しているものもまだ全部読んでないなぁ……と思って読んでみました。特筆するほどの傑作というわけでもなかったですが、やはりこの人は圧倒的に“書ける”。基本的な小説力が非常に高いので、何を読んでもそれなりに面白い、というのは凄い。
話としてはいわゆる“社会派ミステリ”という事になるのでしょうかね……まあでもこれを読むなら、『魔術はささやく』とか『龍は眠る』とか、色々と凄いのがあるので、個人的にはそちらの方がお薦め(笑) 『魔術はささやく』は宮部作品の中では地味な扱いかと思うのですが、非常に傑作。まあ初宮部には、『長い長い殺人』とか『パーフェクト・ブルー』辺りが読みやすくてお薦めなのですが。なぜか新潮社は初宮部に『火車』を薦めているのですが、あれは結構えぐいので、きついと思うのですけど。面白いですけどね。新潮社刊行の作品なら『魔術はささやく』で良いと思うのですけど、あれはキーになっている要素がちょっと奇抜だから、駄目なのかしら。
ところで今回久々に宮部みゆきを読んで、この人は“格好いい”という所に結構こだわりがあるのだろうな、と改めて感じました。通り一遍の意味ではなくて、何と言えばいいのか、生き方とか考え方の面での、人生に対する格好良さというか。その辺りが、主要な登場人物へのある種の馴染みやすさに繋がっているのかな、とか。