はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

『魔術はささやく』(宮部みゆき)、ドラマ化

先日、『火車』のドラマ化が発表されましたが、今度は『魔術はささやく』!
〔宮部みゆきの傑作サスペンス「魔術はささやく」が木村佳乃、中村蒼でドラマ化!/ハリウッドチャンネル〕
なんか紹介に微妙に嘘が交じっている気がする(笑)
『魔術はささやく』は大好きで、傑作だと思うのですが、宮部作品の中ではむしろあまり評価されていないのは、大ネタの一つの有用性に関する疑問があるから(とはいえそれは、作品の面白さを損なうものではない)と思っていたのですが……今また研究進んで、ちょっと話が変わってきているのかしら。
しかし、設定から変えてだいぶアレンジしているようなので、「高木和子」のキャラクターからして原作とは少し違うのでしょうが、なんかむしろ、『火車』(佐々木希)と『魔術はささやく』(木村佳乃)のキャストは逆じゃないか、というか。いや、タイミングが被っただけで、関係はないのですけど。あと演技力の問題は横において。
原作は「少年」の物語なのですが、ドラマ版はどうも、そうでは無いっぽいですが……あれは「少年」の物語だから素晴らしいのだけど、まあこの機に、原作が売れてくれると嬉しい。
原作は非常にお薦めです。
作者の最高傑作、とは言わないけど、一番好き。
……そういえば、私が宮部作品で偏愛しているのって、『魔術はささやく』『ステップ・ファザー・ステップ』『夢にも思わない』と、微妙に傍流かもしれない。偏愛って、そういうのもかもしれないけれど。
宮部みゆきは、『ステップ・ファザー・ステップ』と『夢にも思わない』の続きを書かないかなぁ。