はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

「フマキラー」は会社名

というのは、本日発売の会社四季報に付録をはさみこもうと開いたページにたまたま載っていて初めて知った衝撃の事実。商品名だけではなかったのですね。ところで、ただでさえ量が多いわ重いわで大忙しな所に付録挟み込みという余計な手間を出来れば増やさないでいただきたいと、全国の書店は切実に思っております、東洋経済様。
遂に
ボンボンの配本が1冊になった
小学館コミック文庫から、『シャカリキ!』(曽田正人)が発売。懐かしいなぁ。当時、好きだったなぁ。当時は、曽田さんがこんなに大化けするとは思ってもみませんでしたが。あと、『スプリガン』(作:たかしげ宙/画:皆川亮二)も文庫化。ちょっとこれはタイミング遅い気もしますが、コミック文庫化ビジネスも色々と謎が多いので、なんか色々あるのかもしれません。まあ、通常コミックの売れ行きとかもあるのでしょうけど、コミック→文庫になる期間も非常にまちまちですしね。講談社なんかは、長期連載化しているコミックをまだ連載している内から最初の方だけ文庫化してしまうというのをやっていますが。けっこう売れている、『ゴッドハンド輝』。集英社は今、『ホイッスル!』(樋口大輔)が文庫化中のが割と嬉しい。