はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

おおー

『七瀬ふたたび』筒井康隆)、10月からNHK総合で連続ドラマ化。
だいぶ先の話ですが、メモも兼ねて。
主演の蓮佛美沙子さんとやらは想像すら出来ませんが、七瀬といえば、こちらの業界(どこの業界?)では共同幻想的美少女ですから、相当綺麗所なのかしらん。
ところで最近仕事でチェックを入れる関係で割と気になるのが、メディアミックス系のドラマ化などの発表が、随分と早いやつからやたらに遅いやつまで、色々ある事。まあ、局によってとかもあるのでしょうが、やはりこれは、おおむねドラマの制作期間ひいてはクオリティとかにも直結しているのか。
今期だと例えば『おせん』(きくち正太)なんかはかなり遅くて、確か3月入るか入らないかぐらいの時に情報入ってきて、今頃言われても既刊揃えられないよ! とか、思ったわけなんですが(中小の書店では最低でも2ヶ月程度は前から手をつけておかないとメディア化原作は揃えにくい)、まあそもそも、『おせん』?! というのもちょっとあるのですが。巻数多いし。
とはいえ、チャンピオン時代から割ときくち正太好きだった身としては、感慨ひとしおではあります。
三四郎2』とか好きだったのですけど、ご存じの方、いるかしら。
そういえば『シャカリキ!』(曽田正人)も映画化だかドラマ化するそうですね。
少女マンガの名作路線はありましたが、最近は、少年マンガのちょっと前の、というのも増えつつある様子で、『ROOKIES』(森田まさのり)が当たれば、そういう流れが更に加速するかもしれない。