はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

『WA5』プレイ記14:メガネと忍者ともみあげオヤジ

 引っ越し前には終わりそうにないけれど、ネット休止中には終わってしまいそうだなぁ……(^^;
 そんなわけで前回、「戦え戦え人間ども、メガネ様に最高のショウをお見せするのだ!!」な感じでゴーレム3体に取り囲まれ、ぼこられたのですが、あわやという所で、メガネの催眠光線を断ち切ったアヴリルさんが助けに入ってくれました。
 そして遂に、我が愛しのアースガルズ登場!!
 変ないい加減おじさん、もとい、艦長(というかやっぱり、ロリ○ンなんですか、そのネタは禁句ですか)も登場で、本当に急展開です。ここでのCGイベントはけっこう格好良くて好き。特に、忍者好きとしてはファリドゥーン様の動きはかなり好きです。欠点は、意外にバイザーが格好良くない事ですが。
 「初手より奥義」
 はしかし素敵だ。
 拾われた戦艦にて、一気に色々と明かされる伏線。
 うーんまあ、この辺りに関する意見はもうちょっと保留。
 そしていきなりのサイコダイブなのですが、本人も参加できるのがちょっと謎。
 そんな彼女の心の中はかなりエキセントリック。あちこちに壷が。勿論容赦なく、銃、撃ちまくりです。ダンジョン入ったら、撃たずにはいられません。もう完全に、病気です。連射しながら歩いてるし(馬鹿)
 馬鹿といえば、「どちらが本物のアヴリルか?」で変な所にはまってアヴリルの真似をしていた氷の女王さんもどうなんでしょういったい(笑) 芸が細かすぎですよ!
 ところであそこの見分けポイントって、「私orわたくし」で良いのでしょうか。他にもあります? 間違えたらどうなるかもちょっと気になったなんですが、さすがにやらず。
 どうにかこうにか無事、適度に(都合が良いっていうな!)記憶を取り戻すアヴリル
 まあなんかだいたい、ネタは見えてきたかしら。
 さてさて、続いて艦長の指示でゆりかごに向かう一行。うーん、微妙に動かしにくいな、アースガルズ(^^; 後で気付いたのですが、モノホイール呼んだ方が楽ですね。というか、どこだかわからない所までやってくるモノホイール恐るべし。
 あと、イベントのゴーレム戦は、出来れば足を止めて殴り合ってほしかった(笑)
 いちいち移動するのが見ていて面倒、というのもありますが。
 ゆりかごのすぐ前にセーブゾーンがあったので、「敵が強いから歩くな」と言われた所を、歩きます。……なんか、意外にどうという事ないんですが、建物の近くだかたでしょうか?? しかし、HPの多さの割には経験値が低いので、あまり旨味無し。
 ダンジョン入って最初のフックショットのパズルみたいなので凄い時間を食いました(^^; 間違えたりするといちいち梯子登るのも面倒くさいし、狭いからカメラが近付きすぎてすぐにわけわからなくなるし、フックショットは狙った所に当たりにくいしもう大変。ちょっと今回、この辺の操作感には不満が。特にカメラはやはり、動いて近付きすぎる。
 なんとかそこを乗り越えて、ダンジョンの奥へ。フックショットで捕まって、宙を飛ぶディーンの姿には、少しときめいた(笑)
 中ボス……またか。
 なんか、スタッフは猫に恨みでもあるのでしょうか?(^^;
 私別に、猫派でないから良いですが。
 大ボスは変な生物でしたが。
 教授はまあ、どうでも良いなぁ。
 別に殴り殺しても、心に痛みを感じない相手というか(笑)
 帰り、ふらふらとしていたら、ホバーし忘れて、アースガルズで接敵。
 うーん…………もしかしなくても我々今、アースガルズより強い?
 人数の差もありますが。
 アースガルズはもっと圧倒的な戦闘力でも良かったかなぁ。
 とか思っていたら、この後のイベントで一気にパワーアップしましたけど。
 ああ、メガネがどんどん、人望を失っていくよ……(^^;
 貴重なメガネなのに(やはりそこか)。