はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

『WA5』プレイ記17:それは掘るだけのものでなく

 4つのTFシステムを止めましたー。最後のTFシステムが出てきましたー。
 という所で、いわゆる決戦前イベント。
 まあこういうのは、好きですよ。
 全ての始まった場所で、ショベル一本では何でも出来なかった事に気付いてしまうサムライ。
 嗚呼、それには気付かないでほしかった(涙)
 気付かない君が好きだったのに
 と言いつつも、そこからショベルを物語に繋げる展開は非常に好き。いやもう、アヴリルさんがここに来てやたらに良いんですが、どうすればいいですか。ファルガイアの一つぐらい、この際どうなっても(錯乱気味)。
 で、盛り上がっておきながら、寄り道はしっかり(笑)
 制服買い揃えたり、仙草アルニム作ったり、自転車マニアと張り合ったり。というか自転車マニアはなんであんなに敵意剥き出しなのか理由がわからないのですが、心の中で(服装ださっ!)とか思っているのがばれていますか。
 「世界に一本の林檎の木」はわからなくてネットで調べましたよ(^^; というか、わかるか、あんなの。しらみつぶしにモノホイールで大陸全土を駆け回っていた私の時間を返せ(笑) 逆に言うと、パズルボックス20はよくも行けたなー。偶然って恐ろしい。もし偶然行けなかったら、サーチ連打しながら探していたのかと思うと、更に恐ろしい。
 ついでに得た情報でABYSSにもやっと行けました。
 ううむしかし、遺産もまだ一つ見つからないのですよ。今回こういうの、割と多し。
 ちなみに、アースガルズが一番苦戦したのは河童でした。他は楽勝だったのに、何故か河童にだけやたらに苦戦。
 一通り探索し終えた所で、最終TFシステムへ。
 ここの分割はやはり、ディーン・レベッカアヴリルで、居残り組は番長が引率。
 まあダンジョンはどうという事なく印象の強い事もなく、しかしどれだけ盛り上がっても、エクソダスオーブとデュエルサインを貰ったら、帰りますよね(笑)
 で、再び寄り道という名の覚えている隠しボス狩り。
 例のごとく、ほとんど覚えていませんが(^^;
 モア様があんな所に出てくるとは思わなくて、凄い普通に制服で倒してしまいました。というか、超猿人の方が強かった。
 そしてここでそんな選択を強いてくるのかッ。
 とりあえず入手した3枚で、カ……とセ……とア……を入手。またアヴリルが贔屓されていますが、いや、衣装としてはローブがが好きなんですけど、ここでア……様は外せないよなぁとはやはり思うわけで。にしても、衣装とかミーディアムの補正とか相性的に、かなり意図的に完璧超人に近付くように設定されているよなぁアヴリルさん。攻撃も魔力も900超えてますよ。
 一応一通り見た限りでは、あと執事のが欲しかったりするのですが、覚えている限りの隠しボスと戦ったので、これはその気になったらネットでまた調べるかな、と。
 最終盤の基本陣容は、こんな感じ。
 ディーン〔剣〕+フォースキャロット、シェリフスター、キャットハンド、キングクラウン、バーサーカー
 グレッグ〔剣〕+バーサーカー、キャットハンド、シェリフスター、キングクラウン、小さな花
 アヴリル〔天〕+キャットハンド、シェリフスター、バーサーカー、デュアルキャスト、ミストクローク
 −−−−−
 レベッカ〔海〕+テラス・ティアラ、キャットハンド、ライアンズシールド、バーサーカー、小さな花
 チャック〔海(運)〕+適当
 キャロル〔海(運)〕+適当
 概ね、一番反応の早いディーンがフォースキャロットの力でガーディアンを召喚するか、キングクラウンによる確定ファイネストアーツ。これにグレッグが続いて、最後はアヴリルのガーディアン召喚かデュアルキャストで、だいたい終わり。デュアルキャストがもの凄く使える事に、この最終盤まで気付いてなかったのは、私が肉弾こそ至高のプレイスタイルだから(^^; まあもっとも、終盤の戦闘で最も使っていたのは「逃げる」ですが。経験値の要らない体では、これが一番早いし(笑) レベッカは対隠しボス用の、回復要員。チャックとキャロルは万が一のサポート要員。この二人だけ運のミーディアムに付け変わる事があるのは、この二人だけレベルが上下するから(笑)
 黒尖槍をようやく入手し、再びABYSSへ。ワープの法則というか繋がりとMAPの見方を理解するまで時間がかかった為に果てしなく彷徨ったのですが、それがわかって何とか最奥へ。ラギュは滅茶苦茶強いという話は聞いていたので、ラギュ用とおぼしきあのバッジを装着して挑戦。パーティはディーン〔剣〕・アヴリル〔天〕・レベッカ〔海+某バッジ〕。
 ラギュが攻撃する度に戦闘不能に陥るディーンとアヴリル。それを叩き起こすレベッカ
死にたくても死ねない、みたいな恐らく凄いスプラッターな映像が展開する中、最後は綺麗にディーンのファイネストアーツが決まってラギュ撃破。まあ、スリルには欠けるけど、これが一番確実な方法か。一度ちょっと、ガチンコで戦ってみたい気もしますが。友人K。氏はガチンコで倒したみたいだしなぁ。
 ソル・ニゲルも倒し、お仕事完遂。報酬がちょっと安かった気しますが(笑)
 あと悔しいのはニュートリノメダルが28枚止まりな事なのですが、こればかりは、街中での見落としとか総ざらいする気にはちょっとなれないので、インコの王様には諦めてもらうという事で。
 アクセスメモとかもよくわからないままなのですが、この辺りもまあクリア後にでもネットで調べる事にして、一通りやる事やってだいたい満足したので、いよいよ最終局面へと突撃です。