はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

「大河ドラマ」で長宗我部元親ものが見たい

……は無理だとして、なんとか元親が目立つ役になるような話が無いか考えてみたのですが……考えれば考えるほど、中央の情勢と絡まないなぁ(笑)


大河ドラマ - Wikipedia
こうやってリストを見ると、政宗から信長までの期間こそが、大河ドラマの最後の輝かしい時代だったと思うのですが、みなさんはいかがでしょうか?
「大河ドラマ」で石田三成ものがみたい/『昨日の風はどんなのだっけ?』
個人的に印象強いのは、世代的にどんぴしゃというのがありますが、『独眼竜政宗』と『武田信玄』ですねー。そしてリストを見てわかったのは、自分は実は大河ドラマをほとんど見ていなかったという事(笑)
家族の付き合いで無しに自分の意志で最初から最後まできちんと見ていたのって、『武田信玄』と『秀吉』ぐらいかもしれません。『秀吉』は当時どハマリしておりまして、まああれはもう、キャスティングだけでお腹いっぱいですが。本邦の歴史ものドラマ作品でも屈指と言っていいキャストだったと思っております。玉置浩二足利義昭は正直、最初に出てきた時はどうなる事かと思いましたが、たしかにあれは凄かった。
『秀吉』の最大の問題は確かに、あれが伏線になって、『利家とまつ』で大暴発した事でしょうか(笑)