はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

でぃーえすFE戦記4:救国編

結局、今年のゲーム初めはFE。
さて、アカネイアを目の前にして、頑張れば12章外伝へ行けるのではないかと気付いた、我らがマルス様。出撃人数とか育成要員とか、色々と計算です。
なるべく、味方にできるキャラを味方にする縛りを貫こうとすると、殺せないキャラとかが居るわけで、その辺りの調整が難しい所。
リストラは計画的にね
そんなわけで、一旦、10章の途中セーブまで戻る事に。
数合わせに出撃していた面々を、次々とボスに突撃させます。
ジューコフの手槍の錆となっていく、リフ、バヌトゥ、ジョルジュ……そしてマリア。
……………………あれ、チキは…………?(^^;
バヌトゥ殺したら、駄目だ
と思ったのですが、なんかもう、面倒くさくなったのでそのまま進む事に(おぃ) どうせ後の外伝行くのにチキ殺さないと駄目みたいですし、これは許してもらう事にしましょう。ミネルバ殺してしまえば問題ないのですが、SFCの時はミネルバを仲間にしないと、カチュアとパオラが仲間にならなかったんですよねー。そもそもそのフラグイッチがあるのか、一度でも仲間にしていればその後死んでいてもいいのか、とか条件わからないのですが、カチュアとパオラ出てこないと予定スタメンが揃わないので、ここは冒険をしない事に。これからトムスとミシェランを育てるとか言っている為、さすがにカチュアとパオラぐらいは育てさせて下さい、と自分に言い訳(笑)
というわけで、新たな屍の山を築き上げ、再び、11章へ。
ここでは、ウェンデル先生とジェイガンの二人が、突撃して戦死。しかし、殺そうと思うと意外に死なないのよね、皆。素手ごろで突っ込んでいるのに。
そして、奴隷市場から開放されて、久しぶりに陽の光を浴びた勢いで、はしゃぎすぎたリンダが事故死。
マルス様、鬼畜(おぃ)
お城に居るシューターのジェイクは、やむなく放置。マイルール上は仲間にするべきなのですが、なんか恋人まで見た後で、「仲間にした後に殺す」のは惨いなーと、珍しく仏心を出しました。
12章。
トーマスとボア司祭には死んでいただき、さあいよいよ、トムスとミシェランがやって参りました!
この二人を少しでも戦わせようとする事自体、私の長いFE歴史上でも初です(笑)
にしてもこの二人、他はそれなりにLV高いか上級職なのに、この局面でLV4と3。お城でさぼって寝ていたら、とっつかまってしまったとしか思えません。
そして、ミディアは化粧を覚えたかのよう
今回、ゲーム自体がシーダ大プッシュ作戦の香りが濃厚に漂い、多くの女性キャラが妙にぼんやりとした顔グラフィックにされている中、やたらに目鼻立ちがくっきりいたしました。なんだ、これは一体、どこの組織の陰謀なのだ?! カチュアとパオラ姉さんの顔グラフィックを見ているだけに、色々と納得がいきません(笑)
そしてアカネイアを取り戻したマルス軍は、12章外伝へ。
新規追加キャラで、史上初(?)、二枚目のアーマーナイト(ジェネラル)登場!
これからトムスとミシェランを育てようとする私への挑戦状としか思えません。
しっかし、ホルスさん(新キャラ)も、いきなりジェネラル! LV3! 力15! となんか凄い事になっています。女剣士は成長率微妙な感じなのですが、ホルスさんはどうなのかしら。まあ、しばらくは、トムスとミシェラン優先なので、上級職なホルスさんは、立ちんぼ確定ですが。
めげずに頑張る。