はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

『超新星フラッシュマン』の2クールを振り返る

先日やった『メガレンジャー』2クール振り返りの、『フラッシュマン』バージョンです。ガルス係長退職記念で、各エピソードの現場指揮担当も併記、簡易人物紹介もつけました。
以下、特に人物紹介は、極めて偏見に基づきます。
−−−
フラッシュマン
◇レッドフラッシュ/ジン
フラッシュマンのリーダー。気合いと根性で、大概の事を何とかしてしまう男。剣技に優れる他、一晩中でも戦い続ける無類なタフネスの持ち主。バイクが友達。
グリーンフラッシュ/ダイ
フラッシュマンの肉体派。たぶん、他人に自分の筋肉を見せて喜ぶタイプ。格闘戦に優れたハードパンチャー。相手がメスなら、女性型の怪人の顔でも、躊躇無くメリケンサックをぶちこめる研ぎ澄まされた戦士。
◇ブルーフラッシュ/ブン
フラッシュマンの二枚目半、コメディリリーフ的な役回りが多いが、やはり優れた戦士。壁や柱に張り付いて、たとえ垂直でも昇っていける能力を持つ。
◇イエローフラッシュ/サラ
アイドル系女戦士。時々、けっこうきつい事を言う。プリズムバトンを操って、氷の嵐を巻き起こせる。
◇ピンクフラッシュ/ルー
女子プロ系女戦士。空中浮遊の超能力を持ち、足技を得意とする。味覚音痴疑惑。
◇マグ
フラッシュベースに乗せられていたロボット。フラッシュ星を遠く離れた地球で、フラッシュマン達のサポートをする事になる。ほとんど頭を使わないフラッシュマン達に代わり、データの分析などを行うが、自ら作戦の立案をするなどの発想力は無い模様。フラッシュマンの栄養管理なども担当するが、あくまで宇宙食にこだわり続ける他、強烈な毒舌なども含め、目覚めた最初にフラッシュマン達に殴られた事をこっそりと根に持っているのか、もろもろの行動にそこはかとなく悪意を感じる時がある。
◇フラッシュ星人
地球からエイリアンハンターによって攫われた5人の地球人の赤ん坊を保護し、メスに対する復讐鬼として育て上げた、円谷っぽい宇宙人。
<改造実験帝国メス>
◆大帝ラー・デウス
数々の星を生命改造実験の犠牲にして滅ぼしてきたメスの帝王。少なくとも200年前に英雄タイタンと戦っているレベルで息が長く巨大な組織の代表取締役だけあって、懐が大きく悪の大ボスとしてはかなり温厚な部類だが、第28話にして、とうとうキレた。テンションが上がると仮面がひび割れて、生の目が出てくる。とりあえずの目的は、最強の改造生命体の作成。
◆大博士リー・ケフレン
遺伝子シンセサイザーを奏で、生命改造実験を主導する、プロジェクトリーダー。200年前の英雄タイタンとの戦いの折りにも既に専務として辣腕を振るっていたようであり、見た目以上に年を取った人物である模様。自ら“命の芸術家”を名乗り、生命改造実験に対して強いプライドを持っている。一度など、最近ちょっと生意気な部下に対して自分の芸術の力を見せつけるべく、ハイテンションでソロセッションに来たぐらい。そのプライドの為か、自身の芸術の創作物に対してはやや甘い所があり、役立たずの幹部達(係長軍団)に対してそこはかとなく優しい。
◆レー・ワンダ
獣戦士を率い、メスの実働部隊を指揮する係長。一応、美形悪役というポジショニングらしく途中でナルシー設定なども入ったが、広瀬さんの顔の造形はともかく、あまりに髪型と化粧が凄いので、美形に見えないのが難。5つの生命体の遺伝子から作られており、その全てのバイオリズムが頂点に重なる50年に一度、スーパー化するというベイスターズ設計。基本、へたれ。
◆レー・ネフェル
獣戦士を率い、メスの実働部隊を指揮する係長。S風味の美女だが、配下の獣戦士にはなんとなく優しい。サーベル電磁鞭を操り、変装が得意、趣味は割と無意味なコスプレ。かつてダイナピンクを演じた萩原さよ子(萩原佐代子)が演じており、イエローよりもピンクよりも、むしろ本編の実質的ヒロインといって過言ではない。
◆レー・ガルス
獣戦士を率い、メスの実働部隊を指揮する係長。人語を喋らない唸り声のモンスター系であり、作戦指揮を執れない為に極端に出番が制限された。恐らくその分、戦闘力が高いなどの設定もあったと思われるが、本編では全く活かされなかった不遇の幹部。
ウルク&キルト
係長補佐の獣娘。それぞれモチーフが違う筈だが、特にキャラ分けなどはされておらず出てくる時も基本二人一緒であり、かなり真剣に見ていないと、どちらがどちらかは今ひとつ区別がつかない。勿論私は、区別がついていない。作戦を指揮する事はなく、基本、係長の戦闘サポートとして、獣戦士や雑魚兵士とともに戦う。
◆サー・カウラー
改造実験の為に様々な惑星で生命の遺伝子を入手するプロジェクトを担当していたが、メスが地球でフラッシュマンに苦しんでいる事を知り本社に帰還した、“暗黒のハンター”を名乗るエリート部長。電磁鞭と渋い美声を操り、一人でフラッシュマン達を圧倒する高い戦闘能力の持ち主。20年前にフラッシュマン達が地球から攫われた件に関与している事を匂わせているが、詳細不明。
◆エリートハンター軍団
サー・カウラー直属の、選りすぐりのエイリアンハンター4人。サー・カウラーと合わせて『ゴレンジャー』オマージュとおぼしき個人武器を持ち、それぞれ1対1ではフラッシュマンに拮抗する戦闘力を持つ。また、個人必殺技を受けて退場しても、何事もなかったかのように復帰するなど生命力も強く、獣戦士を少し上回る程度の能力だと思われる。
−−−


  1. ―― 〔改造実験帝国メス、地球侵攻〕
  2. ―― 〔フラッシュキング登場〕
  3. 赤 ※全員
  4. 緑 ※全員
  5. 黄×桃 ※全員
  6. バイク ※ネフェル
  7. 青 ※ワンダ
  8. ―― ※ネフェル 〔家族イベント1〕
  9. ―― ※ネフェル 〔〃〕
  10. 緑 ※全員
  11. 桃 ※ガルス
  12. 赤 ※ワンダ 〔ワンダ、ハイパー化〕
  13. 赤×黄 ※ワンダ
  14. 青 ※ネフェル
  15. ―― ※カウラー 〔新幹部登場・フラッシュキング敗北〕
  16. 黄 ※カウラー
  17. 赤 ※カウラー
  18. ―― ※カウラー 〔2号ロボ登場〕
  19. 赤 ※カウラー
  20. 緑 ※ネフェル 〔家族イベント2〕
  21. 黄 ※全員
  22. 赤 ※全員
  23. 黄×桃 ※ネフェル
  24. 青 ※カウラー
  25. 赤 ※ワンダ
  26. 桃 ※ネフェル


メイン&準メイン回の配分は、
赤:7 緑:3 青:3 黄:5 桃:4
若干イエローが多く見えますが、単独メイン回は2回のみ。ピンクも同様。これに女性コンビ回がそれぞれ2回という形なので、大きく偏っているという程ではありません(もっともイエローは劇中でそれとなくフィーチャーされていますが)。こうして見ると、男コンビ回が無い事に驚く。メイン回は単独イベントが多い。
レッドに関してはリーダーポジションという事で、特にこれといって焦点の当たるキャラが居ないエピソードで、何となくストーリーの中心になる場合が多いという形の為、回数ほど、描写が濃いわけではありません。良くも悪くも、正統派レッド。
さて問題の、幹部の主な現場指揮回数(若干、記憶違いしている可能性もあり)ですが、
ワンダ:4 ネフェル:7 ガルス:1 カウラー:6
改めて、ガルス悲惨。
メスは単独で作戦の指揮を執る事が少ないので、メインで獣戦士を操っているかどうかをおおよその判断基準にしていますが、前半は顔見せの為も含めてごちゃっと全員で出ている事が多いので、途中登場で目立つ為に数を稼いだ部長の方が、ワンダより働いていたり。あとワンダとネフェルはお互いが現場に出ていない回でも、ラボーの中で1カット出演とかあるのですが、ガルスはその辺りも無かったので、ホント悲惨。
ワンダもなー、せっかくハイパー化して、これからレッドとライバル関係だ、という所で、全部カウラーに持っていかれたからなぁ……ちょっと可哀想。