はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

その一線を踏み越えて

◆kanataさん
 >久子さんが回想シーンの中にいるのは、厳密に言えばおかしいように思うのですが(汗)
久子さんと純子さんは、スタッフの愛なのか、単純に回想シーンの尺が足りなかったのか……個人的には記憶から消されていなくて良かったです(笑)
 >ロボット側のフィルムには混じってなかったあたり、あれ明らかに本部長が、自分で自分の回想してますよね!?
本部長しか知らない筈の、久子父の爆死シーンとか普通に混ざっていましたからね……
まあ前作ラストの回想祭でも本部長は自分の活躍シーンを挿入していたので、いつも通りといえばいつも通りです(笑)
 >亀吉が居る時点で、最初から増田要りませんよねえ……。
大樹が当初は完成された感じ(誤誘導に引っかからない、など)だったのに、段々ぶれてきて、更に亀吉のキャラが変わってしまったのが、増田にとっては大ダメージでしたね(^^;
増田と亀吉を融合(メカニック+コメディリリーフ+大樹の丁稚)してしまえばすっきりするわけですが……。
 >割と致命的な一線を踏み越えてしまった感はあります。せっかくここまで、表面上だけは誤魔化していたのに(−−;
完全に頭数減らし&そこのドラマに凝ってもウケないから、と踏み切ってしまった感はありますね……コンセプト大崩壊の割には微妙に面白いのが、今作の難しい所ではありますが。
 >噂のバイオハンターさんは、事前に想像していたよりずっと「面白い」人でした。
ハカイダーポジションでありますが、ライバルキャラというよりはマッドコンピューター的で、手段が目的化してしまっているというタイプですからねー。バイオマン達はそれどころではないけど、端から見ていると、どうしても「面白い」(笑)