はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

『天元突破グレンラガン』1話感想

TOKYOMXで再放送が始まったので、見てみました。
スパロボ』その他により、○○○が○○するという、前半の肝心な所は知っています(^^;
穴を掘って村を拡張する地下の閉鎖社会、主人公が発見する小さなドリル、村の天井を突き破ればそこには地上があると主張する滅茶苦茶な男、そして天井から降ってきた巨大な化け物……ドリルの発見シーンやラガンの発見シーン、敵ガンメンの登場シーンなど、演出はもうちょっと何とかなった気はしますが、テンポ良く進んで面白かったです。村の情景が基本的にカメラを低い所に置いて、下→上のカットになっていたのは、意図的……かな?
村の特異な閉鎖社会の構造を、主人公のモノローグと映像で話に沿って見せていくあたりは好み。設定というものは事細かにねちねち説明するのではなく、話の流れの中でそれとなく伝えればいいのです。
前半の大筋は知ってしまっていますが、細かい部分でどう展開していくか、なかなか先が楽しみ。