はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

『HOI2』3回目:進め祖国の子らよ栄光の日は来た!−3

1939年9月、
開戦。
ドイツがポーランドに宣戦布告し、流れで連合国陣営と交戦状態に。
ドイツから飛行機が飛んできます、たくさん飛んできます。イギリス様から飛行機が飛んできます。たくさん飛んできます。フランス空軍も制空権確保しようと飛ばしてみたけど、飛ばすだけ無駄な被害が出る事がわかったので、空港で待機(笑)
やっと3ヶ月ぐらい前に全軍が最新版にアップグレードされたぐらいだというのに、戦争始まってしまいました。生産に振れるICが一気に増えたのはいいけれど、実質ICはそれでもドイツの半分。
なけなしの中戦車と怪しげな電撃戦ドクトリンで、果たしてどこまでドイツ機甲師団に立ち向かえるのか?
にしても毎度の事ながら、ポーランドは瞬殺されるなぁ……(^^;
ポーランドをあっさり併合したドイツ様の次の目標は我がフランス。
ヨーロッパに冬が来て〜、フランスには爆撃が降り注ぐ〜。
極めて乏しい空軍しか持っていないフランス上空を、イギリスとドイツの爆撃機が飛び交います。
ICを削られまくりながら、じっと耐える日々。
固定対空砲の技術ぐらい、強化しておけば良かった(^^;
明けて1940年5月、知らない内にデンマークを踏みつぶしたドイツ、春を迎えて至極真っ当にオランダ・ベルギー・ルクセンブルクに宣戦布告。
とんでもない勢いで3国を蹂躙。
フランス軍に漂う、こりゃ駄目だ……感(おぃ)
ベルギーとオランダの遠征軍などと協力してドイツ軍を迎え撃つも、ばたばた倒されていくフランス軍
最前線の歩兵の質ならむしろフランスの方が上なぐらいなのですが(フランスは1941年式に改良済、ドイツは1939年式)数の力か戦車の力か、ドイツ、あまりに圧倒的ッ!
最終的に全軍でパリに立てこもるも、包囲攻撃を受け、1940年7月2日、パリ陥落。
史実より、ちょっとだけ、粘った……。
というわけで、フランス終了。
まあ海外植民地があるので、もそもそと技術開発して設計図を連合国に回して戦争に協力し、アメリカ様と一緒に捲土重来するというのはAIを見ている限りは出来るようですが、プレイヤーとしてはちょっと、やる気は出ません(^^;
いやーそれにしても、ドイツ強い。滅茶苦茶強い。ここまであっさりと踏みつぶされるとは。