はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

『HOI2』5回目:ルーマニアは契約しました

7/1、バルバロッサ作戦、発動。
しかしドイツは、ポーランドに9/1宣戦布告、ベネルクス三国に5/1宣戦布告、ソ連に7/1宣戦布告……と、誰か首脳部に几帳面な人がいるのか?
我がルーマニア軍も、南方から進撃。
戦力の比率は、95%のドイツ軍と3%のルーマニア軍と2%のハンガリー・スロヴァキア軍、といった感じではありますが、主体的に大戦に参加するというのは、やはりテンションが上がります。
ルーマニア陸軍は、戦車さえ出てこなければ、ソ連軍相手にけっこうやれる事も判明。……戦車さえ、出てこなければ。
ソ連軍の戦車と出会うと、途端に足が止まってしまうルーマニア(^^;
一方ドイツは快進撃……かと思っていたのですが、どうも、突破が鈍い。ルーマニア軍もオデッサまで抑えたものの、戦闘に勝つ→ソ連の戦車が後ろからやってくる→迎撃されて退却、の繰り返しでなかなか占領地を広げられず、結局ドイツ様が来るまで、防御はできるものの進撃できず。というかソ連、あんなに広いのに、どうして攻めても攻めてもあらゆる土地に兵隊が居るのか(^^;
そうこうしている内に冬がやってきて、ドイツ機甲師団も冬将軍で停止。
11月だというのに、まだモスクワに接触すらしていません。
漂う、“詰み”の空気。
…………うーん、よし、ドイツ様を裏切ろう(おぃ)
というわけで、ドイツがソ連にとても勝てそうにないので、ドイツを裏切ってうまくソ連か連合国にすり寄ってなんとかルーマニアを守ろうと色々と考えて試したのですが、枢軸・連合・共産の3大陣営のどれかに加わって、どれかと戦争初めてしまうと、どちらかが地上から消滅するまで講和など一切不可(つまり軍事同盟から抜け出す事もできない)というルールがあるようで、つまり、このままドイツと心中して真っ赤に染まるしか道は残されていないようです。
ううむ、かくなる上は、全軍でイスタンブールに突っ込んで、せめてトルコを巻き込んで華々しく燃え上がるか……
そんな思いがルーマニア首脳部の脳裏をよぎった時、宇宙からルーマニア接触する怪しい輝き。
そうだ、
「ドイツに守られるルーマニアじゃなくて、ドイツを守るルーマニアになりたい!」(おぃ)
かくてルーマニアは、ドイツと出会う前まで時間を遡るのであった!