はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

継続の力

Beniさん
 >佐藤さんの演じ分けもですが、スーツアクター高岩さんの芸達者振りも電王の見所のひとつだと思います。
プラット、ソード、モモタロス、と全て高岩さんだそうでうねー。
こういう、芸の蓄積が一つ、東映特撮の魅力ですね。
◆kanataさん
 >裏を返すとダイナマンは戦略的に敗北していたはずなんですが、なぜか相手してくれたから勝てたという(−−;
ジャシンカ的には、基本スペックが高いから、刀のサビ的にダイナマンもいけるんじゃない? みたいな感じだったのでしょうか(^^;
 >カー将軍は冷たいように見えますけど、王子の助命を図ってあげたんだと思います。
最終的にどうなるか何とも読めませんが、王子と将軍の関係が、どう収まるのかは、けっこう楽しみだったりします。
馬鹿な子だけど嫌いでない感じ、がうまく最終盤で使われてくれると嬉しいのですが。
 >そしてダークナイトの正体候補に関しては、これも気遣いなのか、それとも本気で虚仮にされてるのか。
確かにこう、わかった上で、けっこう頑張っているし味方っていう線もありえるのでは……と含ませている優しさ、と受け取れない事もない台詞ですね……(笑)