はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

底辺は頑張王

蓮葉零士さん
はじめまして、ありがとうございます。
 >セイクウオーはどうなんでしょうね? 「空を征する」云々から「制空」「征空」「青空」あたりを全部詰め込んだ感じなのかな?
という感じっぽいですね。「炎神王」がはまりすぎたので、どうも他のロボットのネーミングがいまいちぴたっと来ませんが、「ジェットリオー」よりマシでしょうか(笑)
 >しかしスピニングアタック、あんなに微妙だったっけ……まあ実際他の三人のキックに比べて印象薄かったけど。
竜巻のエフェクトが微妙な出来すぎて、カリスは弓矢攻撃でいいのに、みたいな。
◆TAPさん
 >所長の急なフェードアウトは、演じていた俳優・山路和弘さんの他の仕事の都合だったそうです。
ああ、そのパターンでしたか。しかしまあ、折り込み済みの筈なのだから、もうちょっと、ありますよね……(笑)
 >アンデッドはそういうの全く無くて、ただテキトーに現れて人間を襲うだけ。
そうなんですよねー。結局、どこまで行っても通り魔にしかならない。そこで本来なら“襲い方”を面白くしないといけないのですが、そういう味付けを全然やらないので、ひたすら没個性という(^^; まあトンボは、巣みたいなのを作ってるイメージぽかったので、少しずつその辺りも修正入れてきたのかな、という感じもありますが。