はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

『ダブルクロスリプレイ・メビウス』(中村やにお/F.E.A.R)3巻、読了

イムループをシナリオの主軸に置いたリプレイシリーズ、完結巻。
仕掛け満載のGMのシナリオに対し、プレイヤーの1人から綺麗なクロスカウンターが炸裂した衝撃の前巻ラスト……大幅シナリオ変更でPCの座もどうなるかという中、全ての真相が解き明かされる――。
ゲーム的には2巻が非常に面白かったのですが、全体通して仕掛け溢れる楽しいリプレイシリーズでした。
ただ、作者もあとがきで触れていますが、個人的にはこの3巻の最終的な中核となったネタはやはりちょっと踏み外し気味な気はして、そこは気になった所。まあF.E.A.R系の商業リプレイの基本的な傾向ではありますが、少々、プレイヤーにドラマ作りを求めすぎたかなーとは。勿論、TRPG的なばらまかれたピースをうまく拾って物語を着地させたのは、プレイヤーのゲーム的な手腕なのですが。
そういう共犯関係の良し悪しが垣間見える中で、2巻のアレが、非常に凶悪なアクセントとなりました。
ダイス目ではなく、ロールプレイで大惨事というのも、また楽しい。
PC1のプレイヤーの暴走ぶりも面白く、かなり楽しかったシリーズ。
野球回、大事。