はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

殿、果てしなく殿

◆ドラゴンさん
 >流さんやことはが何の疑いもなく家来になっていて、どんだけ家庭で教育(洗脳?)したら、あんな子たちになるのか、不思議です。
特に青のところは、濃そうですよね(^^; それもあって、伝統を大切にする歌舞伎役者の一家という設定なのでしょうが。
あと、無条件で無いながらも茉子も千明もなんだかんだで侍として覚悟が決まっている辺りは、地味に怖いなと(笑)
 >戦隊メンバー内に純粋&天然系が2人もいることは中々ないんじゃないでしょうか。
あー確かに、一歩間違えるとボケ殺しになりますものね。
 >殿の社会性のなさは、イライラしたりしますが、終盤にやってくる事実で「だからかー!!」と納得出来ちゃったりしました。。
過去シリーズでは文武両道の超人タイプはリーダーシップに優れている事が多かったですが、能力値高いけど(社会的)駄目人間、というのも珍しい赤ですよね殿。面白いです、殿。
◆kanataさん
 >魁の方ではパートナーに困っていないどころか、馬そのものまでより新鮮かつ有能そうなのを手に入れてますし。
あれ当初、「ウルさんの馬は実は聖なる馬だった!」という、一足先に馬が寝返りというネタかと思ったのですが、その後、ウル皇帝出てきたので、別の馬っぽいですしね……(笑) セイントカイザー格好良かったですが、再登場は果たしてあるのか……。
 >てか魁と通じた友情自体、本来なら魔導騎士の人格を暗示する要素だったように思うんですが。
魁と馬の話とか、クロノジェルの山でのヒカル先生との絡みとかは、自覚的に闇に染まっていてこそ後で活きる要素ですよねぇやっぱり……(^^;
 >脚本側では「仮面ライダーナイト」のことも意識的に重ねていそうですね。
あのデザインですし、メタ的な含みは入れた感じでしたよねー。ヒーローを「騎士」になぞらえるのはおかしくないですし、その上でそれを劇中で「仮面ライダー」と繋げ、メタ視点と娘視点で二重にヒーローを強調したのは、地味に巧かったなと。
 >でも後半の展開や最後のシーンからすると、お母さんこれ多分、ダブルの正体を察した上で利用してますよね……?
ラストの台詞を聞く限りは、わかってますよね(笑) 市会議員、そのぐらい賢くてしたたか……という事なのでしょうが。
 >連れて行けと言われたところで、「ジバン基地は廃墟と化してるこの五十嵐家です」としか答えられなくて不思議でない。
多分、ジバン基地は五十嵐家の地下(?)にあったので、ミサイル攻撃で揺れたけど、破壊されてはいない、という事ではないかな、と思います。あの謎の再生強化装置は押し入れの奥に隠されていた感じで新しい基地というわけではなく、もともと基地の入り口だけは、偽装の為に五十嵐家から少し離れた所に隠し扉が作ってあった……とかそういう事だったのかなーと。
……個人的にはそう解釈していましたが、『ジバン』の事なので何があっても不思議ではないですが(^^;
 >さあついに最終決戦だ!……という46話の結末から、なお一月半は引っ張ったというわけですか。
編成の都合なので作品の出来とはあまり関係ないのですが、どーして『ジバン』とか『ソルブレイン』に限って長いのでしょうね(笑)