はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

四六時夢中

◆哲斗さん
 >霧彦さんといい井坂先生といい、『W』の幹部退場回は三条陸氏ではなくてサブライターの長谷川圭一氏が担当しているんですよね。
信頼を置いているという事なのでしょうが、ちょっと面白い割り振りですよね。対ウェザーはバトルに関しては三条さんがライダーツインマキシマムの時に盛り上げすぎてしまって、後の人達がちょっと困ったのかな感もある所(^^;
 >今回のウェザー敗北・爆発ロケは突然の悪天候に見舞われて延期となり、現場では「ウェザーの呪い」だとしてちょっと話題になったとか。
それはまた、ウェザーだけに洒落になりませんね(笑)
Beniさん
 >照井的には、ヒーローとして守るべき対象があるときはそっちを優先するけど、そうでないときは井坂優先ってことでもいいんじゃないでしょうか。
あ、なるほど。ビースト回もイエスタデイ回も周囲に自分の庇護対象が居ない場合は井坂に集中している、という点では一貫しているのですね。見落としていました。
 >井坂先生の檀臣幸さんは声優としての活動もなさってまして、Vガンダムのクロノクル・アシャー役で知られています。
ああそうでした! 実はクロノクルが大好きでして、訃報の際に今作に出演されていた事を知り、気になっていた井坂先生を遂に見る事が出来て嬉しかったのですが、その辺りの話を書くのをすっかり忘れていました(^^; 変態じゅるり演技から、最後に人間的な揺らぎを見せる所まで、良かったですねぇ。
◆gariさん
 >1番の歌詞に「一件落着 日本晴れ」と言うフレーズがあるため、「一件落着」していない場合は2番を使う事になっています。
おお、結構凝った使い分けをしていたのですね。
ちょうど23話を見て、「今回は2番だなぁ……」と思っていたのですが、納得です。