はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

2014年を振り返る:ゲーム編

今年プレイした主なゲームは、以下(クリアしたものは☆)。

プロジェクトクロスゾーン』 ☆
ファイアーエムブレム〜覚醒〜』 ☆
真・女神転生4』 ☆
『ペルソナQ』 ☆
真・三国無双7 with 猛将伝
バットマンアーカム・シティ』 ☆
閃の軌跡2』
ブレイブリーデフォルト:フォーザシークウェル』
ガンダムブレイカー2』

実は『閃の軌跡2』をまだクリアしていなかったり(^^;
いや、ゲームとしては面白かったのですが、また悪い癖が出て、ラストのラストのダンジョンでクリアするのが勿体なくなって、なんとなく止まっているという。『ガンダムブレイカー2』始めたので、近日中にはクリアする予定。
しかしこう、ひたすら底無し沼なシリーズだなぁ。というか、作り手が《結社》(の連中)を好きすぎるのがどうも(笑)
今年の大きなトピックとしては、遂にニンテンドー3DSを購入。そんなわけで前半は主に3DS漬けでした。
プレイしたゲームは、概ね面白かったです。
来年は『レジェンドオブレガシー』と『大逆転裁判』が今の所気になる。
据え置きだと、『ペルソナ5』。いつ出るのか。
そんなこんなで今年はかなり満足度の高いラインナップでしたが、その中でベスト1をあげると、バットマンアーカム・シティ』。

オープンフィールドをヒーローとなってびゅんびゅん飛び回り、チンピラどもに飛び蹴りくれて叩きのめしたり叩きのめされたりするという、ここ数年口にしていた、“こんなゲームがやりたい”というのが見事に具現化されていた一本。比較的シンプルながら、やれる事が増え、プレイヤーがそれに習熟していくと動きの幅がどんどん広がっていくという奥深いアクション、動きとシチュエーションの格好良さを追求した見事なグラフィック、自由度とドラマ性を共存させながら、ただやらされるのではない面白みを感じさせるシステム、と素晴らしい出来。
個人的な好みを抜きにしても、極めて良く出来たゲームだと思います。
特に、適当にボタンを押しているだけでも何となく格好良くバットマンが動き、その上で慣れてくるともっと格好良くなっていくという、ユーザーを楽しませつつも上達の意欲を持たせてそれをシステム的にも反映させた、アクション面のバランスがお見事。
正面切っての格闘戦と、物陰に隠れながら目標を1人ずつ片付けていくというステルスアクションの二つを楽しめ、どちらも面白い、というのも実に素晴らしい。
バトルだけを楽しめるおまけモードもついており、サービス満点。
原作ありきな上に(ただし、ほとんど知らなくても問題無く楽しめる)趣味性が強いので万人向けとは言えませんが、ストーリー、システム、ボリューム、と文句なしの作品でした。