はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

プリンセスは打撃系

◆タイキさん
 >アコの高校生戦士という設定はこの回以外殆ど扱われたことがないので実質死に設定ですよね。
もともと竜のシビアな戦士観と相性が悪すぎますが、『ターボレンジャー』『ファイブマン』と来ていたので、流れを汲んで馴染みやすい設定のキャラを置いてほしい、みたいなのは企画段階であったのかもですねー。
 >まあだからこその「メガレンジャー」なのかもしれませんね、あちらこそ高校生戦士をメインに描いてますから。
『メガレン』も学園ものとしては詰め切れなかった所はあったので、そろそろ、本格的な学生戦隊への再挑戦みたいなのがあっても面白そうですね。『フォーゼ』でやっていたといえばやりましたが。
 >井上回以外だとジェットマンがストレートなヒーローをやってることに妙な違和感があって笑えてしまいますねw
色々揉めてるけど、凱もとりあえず仕事はこなすという(笑) 一体どんな契約書にサインさせられたのか……。
◆wayさん
 >「「プリンセスになりたい」と言っても「なったら何をするのか」が明確じゃない」ってことは指摘されてますね(笑)
その辺りに何か、女の子向けらしい意味づけがあるのかなーと思ったら、無かったのでちょっと戸惑いました(笑)
 >今のプロデューサーや脚本家の姿勢は「社会的な地位を得ることは問答無用でいいこと」とみているようなフシがありますし
なるほど、「あがり」が設定されていて、そこに関してはあまり踏み込まずに肯定的な傾向があるのですね(^^;
 >そこで学校を案内する役が、プリキュアに変身するわけでもない1話限りのゲストっぽいのもちょっとシリーズとしては珍しいかも。
地味めだけど心優しい女の子が案内役になるという辺りは少女マンガ的な文法でありますが、あまり従来作では、そういうポジションのキャラは継続的に用いられていなかったのですね。後々コンプレックスから悪に染まって中盤の敵役パターンだろうか、とか思って見ていたのですが(笑)
 >今回、夢にあふれる中学生が集う全寮制学校という舞台なので、扱いやすい方だとは思いますが、2話以降どう転がるかが見ものですね。
舞台設定とは噛み合っているので、巧く転がれば面白そうですよねー。誰しもが夢を堂々と語れるわけではない、という部分をつついてきたのは面白かったので、そういう屈託も適度に入れてくれると……重くなるので難しいですかね(^^;
 >それと王子、前作と同じ流れで「だいたいこいつのせい」ってならなければいいのですが(笑)
小学生女子に変身アイテムを渡す王子様、てかなり危ないと思います(笑)