はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

雨のちレインボー

◆kanataさん
 >ここ一回のみで評価するなら、理想に近い最終回でしたね。やるべきことをほぼ見せてくれた終着駅。
もうこの要素は駄目かなーと思った所まで拾ってくれて、いい最終回でありました。ここが見えているのにどうして直前ああなかったのかは、ホント謎で勿体なかったですが(^^;
 >グリッタもどうにかギリギリ、なおかつ充分美味しい形で拾われていて、その結果、シュバルツやノア夫人も間接的には役割を持てた形ですし。
最後グリッタが乗って来るのが、シュバルツ様のクライナー、というのは細かく良かったですね。愛。
 >そして何より、大人の姿のままで、家族に受け入れられるトッキュウジャー。この決着も意外な盲点でかつ納得でした。
光の線路が表のテーマだとすると、こちらは裏のテーマともいえ、表も裏もまとめてきちっと着地して、最終回でその二つを見られてとても良かったです。で、それら全てイマジネーションでひっくるめる、という最終回は本当に綺麗だったんですが。
 >「闇の力」なるフレーズの、微妙な格好よさがまずかったのか……。
そこか、そこでイマジネーションが炸裂してしまったのか……! 結局最後まで、ちぐはぐになってしまいましたね(^^;
 >一号の最終フォームがあれなら尚更のこと、トッキュウジャーには後もう一人、7号が合流しているべきでしたよね(汗)
あれを見る限り、やはり7人目が入る展開が構想されていたっぽいですよねー。ハイパーで代用はちょっと無茶でしたし(笑)