はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2022〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

女の子は姫だから

◆gariさん
 >毎年お約束のように見えて割とスーパー戦隊並に作風が違うので、それぞれのファンに微妙な差があるんですよねー。
シリーズ重ねているだけに、どの作品が好きか、軸と見ているか、でけっこう評価変わったりするわけですね。
◆タイキさん
 >そうなんですよね、初期三部作は同じ「ふたりはプリキュア」であってもその中身はまるで違いますし。
その辺りの、フォーマット作りと、パターン破りは、東映、て感じなんですね。そしてフリフリは、外せない要素でしたか!
◆kanataさん
 >……そういえば、具体的に悪いことしてる描写が存在していませんね蛾眉さま……
妖怪暴れさせるのに荷担しているから悪い人ではあるのでしょうが、そもそも牙鬼一味自体が、戦国脳なら仕方ないのでは感も若干あるので、人の世に良くない事を起こそうとしている、というのはしっかり描いておいた方が良いと思うのですよねぇ(^^; 今のままだとあの世界、戦国武将=邪悪、みたいな(笑)
 >これまでの本作の展開や描写からは、これが風花のメイン担当回としか思えないのがまた困りものです。
ローテ的には……風花回……ですよね……たぶん。兄妹のドラマはゼロ、父娘のドラマは片道通行でしたが。
 >いやまあ3話で受けてた所業を思えば、嫌味を言いたくなるのは分かるんですが!
今のままだと、我が道を行く赤と桃、空回りする青、後ろから斬りつける黄と白、という、なんと殺伐とした人間関係……!
 >忍術を本当に習っておらず無力というのも、ドラマとして全く面白くない形式(メタ視点的にほぼ確定かつ視聴者のみへの開示で
 >当事者以外の反応なし)で公開されてしまいましたし。
個人的には、「あ、父と祖父の関係も描く気あったんだ」という所で加点してしまったのですが、父はどうやら本当に忍術使えないらしい、というのが早々に確定気味なのは残念でしたね。一応ラストで、ニンジャ的には無能でも生徒達からはそれなりに慕われている、というフォローは描いたものの。