はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

逆ロケットスタート

◆wayさん
 >前回(第2話)も博士の作っている装置が思いっきりバチバチ電気飛ばしてるのに、素手どころか腕まくりして触ろうとしてましたからね(^^;
あれも酷かったですね(^^; アカリに関してはどうも、設定とシナリオ上での動きのギャップが大きすぎて、演出陣が扱いかねているような気配が。
 >台詞だけで十分(というかむしろ映像ない方がまだ納得できる)だし、そのためだけに役者呼ぶあたりもすごい無駄遣い感(^^;
全体的に、映像にすべきシーンといらないシーンの取捨選択がズレている感じで、それが物語と相乗効果を起こして果てしなく明後日に飛んでいってる感じですよね……。
 >タケルの能力の優位性(唯一ゴーストを視認できて戦える)が薄れてしまったために、急遽追加してヒーローだからの特殊能力を持たせようとした、とも思います。
あれ、ルールをひっくり返す系の能力なので、もっとウェイト置いて見せないと、世界そのものがガタガタになってしまうんですよねぇ(^^; 急遽修正が入った可能性も含め、設定を小出しに追加追加みたいな造りにした事がマイナスに働いて、各設定の重要度もあやふやになってしまっているという。
 >一昨年の『鎧武』からずっと続いているのですが、このテロップは正直鬱陶しいなーと思ってます(^^;
あー、もう、そんな前からやっていたのですか(^^; どこぞの洋画劇場のような……。
 >部下が「そんなの社長のやり方じゃない!」って言ってるだけで。
結局その、部下と社長の関係が物語としての判断基準になっているのに、そこを描写しないので視聴者には何も伝わらないという、典型的な自己満足映像になっているんですよねぇ……。
 >罪の所在や責任を考えたときにこの両者は明らかに矛盾していて、見ていてモヤモヤします。
一応、3話のオチでリトル・ジョンの人は自首していましたが(御成が言及)、眼魔が割と明確に悪事をさせる路線となると、この先どう処理していくのかは、かなり不安な所ですね。構造上、タケルがそれを救うのは事が起こった後ですし。