はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

個人的には家康

◆wayさん
 >「引退して表に出ないが、その世界で力を持つ人。または、その道で大きな力をもつ人」
改めて意味だけ取り出すと、なんだか凄く悪い人みたいですね……!(笑)
 >既に東映アニメーションを退社されてフリーになっているため、『プリキュア』においておそらくメインを貼ることは
 >今後ないと思われ、しかし今回みたいにスポット参戦はする立場
まさに、『プリキュア』界の黒幕…………(待て)
◆さやまきさん
 >やっぱり最初から追っかけて行くと時と共に変遷して行った過程が解ります
これだけ長いシリーズになると、その辺りは色々面白いですねー。
 >という部分がまたオールスターズでも描かれる事で補強されて世代を超えて愛されている
あー、劇場版はお祭りでありつつ、しっかりとシリーズの繋がりを盛り込んで作っているのですね。
 >それをオールスターズで補完してるぶん戦隊よりもシリーズ間の繋がりを感じるのが戦隊とプリキュアの最大の違いのような気がします
近年は少し事情が違っている部分もありますが、実のところ戦隊に関しては、毎年リセットされる(きちっと終わる)、というのが好きな部分の一つだったりします。まあその辺り、東映ユニバースは概ね緩くて適当といえば適当ですが(笑)
◆タイキさん
 >プリキュアシリーズは結局鷲尾さんが手掛けた「5GOGO」まででフォーマットは固まり切った気がします。
戦隊シリーズの蓄積を踏まえている部分はあるのでしょうが、女児向け作品の方が、制約は色々強そうですね……。今後は手詰まり感が出てきた時に、どういうブレイクスルーができるのか、という事になるのでしょうか。