はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

父帰る

◆さやまきさん
 >新キャラを出せば出しただけ新展開にすればしただけ反比例して盛り下がる…(略)
ラチナムで色々と狂ってしまったのはわかるのですが、その後もどういうわけか、そこまでの流れをズタズタにしていきますよね……。
 >ゴールドプラチナムってほんと[何でもありは何にもなし]の典型と言いますか
適度なストレスとリミッターが無いと物語って面白くならないんだなーというのがよくわかりますね(^^;
 >過剰過ぎる過保護に思えて
あー! なんか今かちっとはまったのですけど、プラチナムって“お父さん”なのかもしれませんね(笑)
 >サラシグもただただ不憫な感じに見えてきますし
折角の刃物アピールがほぼ無かった事になっていて、あれは何だったのか……(^^;
◆wayさん
 >『ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン』
キルラキル』は知っていたのですが、噂に聞くこれも同じ会社だったのですか(笑)
 >それらに比べると、本作は割とアクの薄れた方かなとは思います。
えぐめのギャグも、勢いですっとした笑いにしてしまう作りですよねー。ちょっと懐かしい感じというか。
 >以前にも「ドクロと炎の頭でサングラスをかけた警察官」のキャラを主人公としたアニメ『インフェルノコップ』
あれが好きなんですね(笑) 私もゴーストライダーのデザインは印象深いですが。
 >とりあえずルル子の本部長には「線や色が多いし意地でも動かしたくない」というスタッフの熱意が感じられます(笑)
動かなくてもジャスティス。
◆ナシナさん
 >以前の感想でも何回か言及しましたけど、本当に扱いが悪かったです。
今見るとどうしても、もう少し何とか……とは思ってしまいますね(^^; 初期はお転婆トラブルメーカー的要素もありましたけど、そういうのも無くなってしまいましたし。
 >今だったら"電波人間"の電波能力とか生かしたのでしょうか。あと、何気に衣装持ちでした。
実はソナー能力とかあってシティアドベンチャー向きだった可能性(笑)
 >アクションも最初はもたもたしていたのに役者さんが少しずつ慣れてきたのも楽しみだったので、ストロンガーとの連携も組み込んでほしかったです。
途中から藤兵衛との連携にすり替わっていましたが、ダブルライダー的なアクションはちょこちょこ工夫して入れていたので、もうちょっと見たかったですねー。
 >良かったのは、コーヒーのシーンで茂が離れた後、ユリ子がそっと俯くのですけど、その時どんな表情を浮かべているのか分からない所
あそこは良かったですね。そのあと茂がハッとする所でも顔は映されないままドクロの邪魔が入る流れも綺麗で。
 >ユリ子(タックル)の扱いに困って退場させたわけでなく、コメントによると、役者さんの結婚引退という事情だそうです。
ああ、そうだったのですか! 正直、この先の展開の為だと思っていました(^^; 若干急に盛り上げるみたいな感じになったのも、そういう事情だったのですね。
 >そういえば、初登場時に工事現場の人たちを攫っていたような気がするのですが、無事だったのでしょうか?
あの時は、基地を作る奴隷にする、とか言っていましたが、デルザー軍団もかなりその場の勢いで行動しているので、今頃どこで何をさせられているのか……(^^;
 >ドクターケイトは逆に力はそこまで無いけど、特殊攻撃(毒やガスにって敵の動きを鈍らせる)でじわじわ追いつめる粘り強いタイプ。
デルザーは一人を2回ずつ出す事で特徴を強調する、という見せ方は面白いですよねー。全体的にやや知力に不安はありますが!
 >どちらにしろ、自身の能力も上げないと厳しい状況で、なりふり構ってられないのも、原点も考えると、茂らしいと言えばらしいです。
この辺り、タックル不在が精神的に影響が出るのかなど、次回どう転がしていくかは楽しみですね。
◆wander_sheepさん
 >しまった・・・岡村天斎監督の新作、今期開始だったのですね!
おお、岡村監督お好きでしたか。スタートはかなり良い感触でした。
 >「おそらくクイーンを察知して新装備を」とか何とか、さらっと当然のことのように説明してて
すっかり都合の良さに麻痺してしまってますよねショウ……(^^;
 >ヒーローとして由々しき事態だと思うのですが、本人にはその自覚はなさそうです。
ショウとプラチナムの間にだけ、強烈な仲間意識があって、それでいいんだ、という事になっているけど、見ている側は全く頷けないという……(^^;
 >ギムが身体から抜け出したのを見たときにあっそういえばそうだったーと思ってしまいました・・・(苦笑)
この作品だと本気で忘れていそうだな、と凄くドキドキしていました(笑)
 >彼、大鉄人17の三郎くんなので、デルザー軍団の一般戦闘員くらいはどうってことないのでしょう!
それは凄く納得です(笑) 謎のヒロシ少年も同キャストだったのですねー。
 >茂が彼女の表情を見て小さく驚くところも視聴者の想像に委ねる演出が、普段の回とは違っていて良かったです。
あそこで言葉を交わせないまま戦いになだれ込んでしまう、というのは、悲劇性の見せ方が鮮やかで良かったですね。思えばコーヒーに浮かぶのがドクロ(少佐)なのも、かなり計算された演出だったのでしょうか。
 >コーヒーを渡すあたりから既にユリ子の様子がいつもと違うことに、茂には気づいてほしかったですが・・・。
あの辺り、爽やかだけど、どこか雑……(^^;
 >ヒロインの退場回ということで普段よりも細やかな演出がされていた回だと思いました。
成り行きで抹消してしまわず、今作なりに一応きちっと退場回として作られていたのは良かった所ですね。予告ナレーションのトーンも良いアイデアでしたし。