はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2022〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

『FLASH』第4話感想

冒頭、「これまでの『FLASH』」に知らないキャラが出てきて、気付かない内に1話録り逃したのかと思って動揺していたらそんな事は無かったのに本編にもごく当然のように登場して困ったのですが、どうやら『アロー』のキャラでクロスオーバーネタな模様。
TV放映の都合で小刻みにカットしていたのか、元々クロスオーバー部分に潔く説明が無いのかわかりませんが、中盤ぐらいまで関係性がちんぷんかんぷんで、さすがに困りました(^^;
今回はそんなクロスオーバーキャラとバリーの微妙な関係、ジョーとアイリスとイケメン刑事の問題、バリーとスターラボの仲間達のトラブル、を絡めて展開。
バリーにいい感じのガールフレンドが出来た、と喜んでテンション上がるアイリスの天然ナイフが、ぐっさぐっさと突き刺さります。
ヒロインが無自覚に毒蛾のナイフで痛恨の一撃を連発してきて、物凄く凶悪。
ある種の逃げ道だったヒーロー活動の方にまで侵食してくる辺りが容赦なく残酷。
耐えろ、バリー! 走れ!
シスコが以前にこっそり開発していた超低温ガス銃が犯罪者の手に渡ってしまい、メタヒューマンではなく、超兵器を手に入れた人間が敵、という変化球。FLASHは超スピード能力に対する天敵となる絶対零度の炎に追い詰められるも仲間達に助けられるが、犯人――キャプテン・コールドには逃げられてしまう、というのも変化球ですが、クライマックス、脱線した電車の乗客を超スピードで助けていくシーンは非常に格好良かったです。
そしてキャプテン・コールドは、もう一つの武器を別の男に渡す……という所でつづく。
ところで最後にキャプテン・コールド(シスコ命名)がシスコ達を見逃してくれたのって、つけられた愛称が気に入ったからという事で良いのでしょうか(笑) あの対応は、多分、気に入ったのだと思うのですが。
今回は博士のどん引きおまけコーナーは無しでしたが、FLASHに危険を及ぼす兵器を作っていたシスコに激怒する姿で、どん引きシーンはしっかり確保。明らかに、兵器を作っていた事に怒っているのではなく、「私のバリーを傷つける可能性」に怒っており、シスコの博士を見る目が、「え? 博士、そっち?」になっているような気がしないでもないでもない。
走れ、バリー! 走れ!
アローはEDの映像だと何故かFLASHに叩きのめされているのですが、その内ちゃんと出てくるのかなー。まんまと転がされていますが、もともとスナイパー系キャラは好きなので、アローもちょっと気になってきます。……アローが弓矢をどう使うのかは知りませんが(笑) あ、でも、映画『アベンジャーズ』でホークアイが見せた弓矢格闘術が凄く好きなので、打撃武器でもありです。