はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2022〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

でっかいぞう

◆さやまきさん
 >もっと違う方向を予想してただけに良い意味で裏切られいやなんだかんだで爆笑回でしたww
してやられた、というか、ここでこういう幅を持ってくるとは、油断なりませんね……。
 >さわお君も徐々にでなくいきなりもうキャラ崩壊というかいじりに入っちゃってますし
シリアス要素をどう持っていくのかと思ったら、さわおのキャラで突破する、というのはお見事でした(笑)
 >そして早速絡むのが既に突っ込みの嵐のレオでなくタスクというのが既に先読みできて楽しみです( ´ ▽ ` )ノ
上手く転がしてくれると、物凄いゴールデンコンビが誕生しそうな予感……(笑)
◆wayさん
 >脚本家つながりで『プリンセスプリキュア』のトワ/キュアスカーレットを思い出しながら見てました。
成る程言われてみれば。罪の意識に対する本人と周囲のズレをポイントに描く、というのも、ちょうど香村さんが担当した第23話でやってるんですね。
 >『仮面ライダー』よろしく自らの体が未知のものにという展開が追加戦士で改めて掘り起こされましたね。
戦隊の場合、変身そのものへの意識はポジティブなパターンが多いですけど、改造人間テーゼ的な本歌取りをハッキリ入れてきたので、後々の掘り下げに期待しています。
 >身も蓋もないこと言うと、マスクにギミックない4名の強化は望み薄ではないかと(^^;
現実は厳しい……(涙) 何かあるとすると、野生開放の強化とかですかねー。足が、凄く、大きくなったり。
 >……視聴リタイアされたと聞いたので、予想外の話が飛び出して吹きました(笑)
リタイアした作品をネタにするのも若干どうかと思ったのですが、これ以上のインパクトあるネタが思いつきませんでした!(笑)
 >下手にハッタリに走らない上でジニスをいかに大物っぽく見せるかってところは、苦慮している感じですね。
他のキャラが上手く描けているだけに、ジニス様が一番、話の都合でブレて見える、というのはどうも勿体ないですよね。
◆橘まことさん
 >ジ(あ、面倒臭い奴だ)「君は私だけを信じていればいいんだよ」
ジニス様、確かに、そういう所、手抜きしそう……(笑)
 >ジ「馬鹿な……あだ名を付けるだけでよかった、だと!?」
退廃貴族には、友達居ない庶民の気持ちはわからなかったのですね……。
 >「自分たちの群れにいる側の悪事をどう受け止めるか」を今回ギャグでさらっと流した分、
 >今後メインテーマでがっつり扱ってくれることに期待しています。
今回は後半でどう転がしてもいいように遊びを持たせた、という感じがありましたが、出来れば正面から向き合う展開、期待したいですね。
◆wander_sheepさん
 >これは「アムもサワオをフォローしようとして、その流れで無意識に小悪魔スキルを発揮してしまい
 >結果的にサワオがさらに落ち込むことに」という事態を避けようとしたようにしか見えなくて(笑)
あれは絶対、更なる被害拡大の気配を察知して止めたのだと思います!(笑) あの細かい芝居は良かったですね。
 >あのぬいぐるみって確か、今度発売されるグッズですね。
ああ、そうなのですか! 結構今作、積極的に販促要素を本編に取り込んできますねー。
 >お金儲け大好きなドルネロあたりだと、こういう世界情勢も注視してたりしそうだなぁと、今ふと思いました(笑)
過去にそういった好例があるだけに、ジニス様にはもうちょっと、遊びの奥行きが欲しい所です(笑)
◆ナシナさん
 >自分に合った生活ペースで夢を追いかけるという志は決してダメではないし、先が分からずともバッドエンドではないと思います。
「故郷に帰る」オチは扇澤さんが割と使うのですが、決して夢破れているわけではない、というのは『ビーファイター』の作風としてのマイルドさに感じました。
 >しかも、後に量産化したネズミ怪人のために、猫を殺さず大事にする、回りくどいほどの徹底ぶりですし。
ギガロは段々、頭使うけど微妙に間違っている気がする学者キャラとして、キャラが立ってきた気がします(笑)
 >私もルンバもどきは気になります。前々から居ましたか?
第7話で初めて気付いたんですよねー。いったいいつから居たのやら。
 >ヤギ怪人の歪んだヒーロー願望と出生の悲哀は少し悲しくもありましたけど。同じ脚本家の方が書かれていたんですね。
作品それぞれとは別に通しテーマ的なものを強く持っていて、社会の主流から外れてしまった者達に焦点を合わせたエピソードをこだわって書いている脚本家さんです(少なくとも<メタルヒーロー>シリーズにおいて)。
 >"鎧の力ばかりに頼ってはいけない、チームワークが大事"が一番伝えたかったメッセージでいいのでしょうか?
多分、最初は、チームワークの話を書いているつもりだったと思うんですが……(^^;
 >今回のゲスト敵キャラ、バーラは自分で言うほどドラゴンアーマーに頼り切ってはいなかったですし
そうなんですよねー。過度に依存した描写にすると、宝石回とまんま同じになるから避けたのでしょうが、その為余計に途中の洗脳が唐突になってしまって(^^;
 >変に対比させずにブラックドラゴンの意思は大人しくしていた方が良かったです。
普通に強敵を打ち破るエピソードで良かったですよね(笑)
 >共にいくつもの戦場を駆け抜けた、背中を預けられる戦友で親友という和気藹々した雰囲気は良かったです。
途中からため口になって一緒に出撃する所とかは悪くなかっただけに、シナリオのまとまわりが悪いのが勿体なかったですね。
 >ジパンの悪役ながらコミカルなスイーツキャラと、今回の凛々しくも豪快な剣士キャラを見比べると面白いかもしれません。
未見なのですが『ジュウレンジャー』でレギュラー悪の幹部をやっていたそうで、それを意識した部分があったのかな、と。