はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

グリード神拳

◆橘まことさん
 >最初に意識した女性がアイリスだったことが、彼の人生の大半を台無しにしている気がしないでもないです。
バリーがアイリスを好きになったきっかけなど描かれるとまた印象変わるのかなぁと思いつつ、十中八九、家族を失った際に心の隙間につけ込まれた気しかしないのが、なんともかんとも(笑)
 >もうちょっと聖人の面を被ったままでいて欲しかったところですが、大きく物語が動き出したようで、次回がかなり楽しみです。
博士は、けじめつけてくれないと困るけど、気持ち悪い方が圧倒的に面白い、というのが困ったキャラですね(笑)
◆micさん
 >人形の眉毛がぶっとくなってポーズ取ってたのは「お前はもう死んでいる」とガメルのコアにヒビを入れた示唆だそうで…
この局面で何を遊んでいるのだろうと首をひねっていたのですが、そういうネタだったのですか(笑) わかるわけないですよね……(^^;
 >比奈との会話での穏やかな口調、静かな表情。「寄越せ」と言いながらも懇願しているようにしか聞こえない。
この辺りで気付いたのですが、私、映司が追い詰められているより、アンクが追い詰められている方が面白いようです(おぃ)
 >2と3を合わせると、やはり映司とアンクは二人で一人、みたいに思えてきますね。
ぐるっと回って二人の物語に集約されつつありますが、前作が“2人で1人のヒーロー”だったとすると、今作は“2人で1人の人間”の話だったのかなーなどと思う所です。
 >Wバースのブレストキャノンは全然効かず、単にヒビの到達する時間が経って、自然に割れたように見えるんですが(ひでえ)。
割とオーズとバースって、格差はっきりしている所ありますよね……(^^;