はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

刺激的スクールデイズ

◆さやまきさん
 >実は弦太朗の脇の甘さ(脚本のご都合)は割と言われてましたね(苦笑)
バランス難しい所ではありますが、最低限、一度は友達チャレンジしてほしい所ではありますよね(^^; 物語としての理屈よりも、弦太朗の人格を信じろ、みたいな話作りは、昭和ヒーロー風味な部分ではあるのでしょうが。
 >キューブ音声もナレーションも実はクジラ大王目線だったのかと思うと
 >ちょっと全体的な見方に修正が加わりそうだなという気もしました(苦笑)
別物と考えて良さそうではありますが、ノリノリでキューブ音声吹き込んでいたと想像すると、ますますアレですね……(笑) そこも繋げてきたら面白いですが。
 >あとイーグルのクジラ形態をパッと見た印象は(アタマがリーゼントぽいせいか)なんとなくアンクグリード体を連想しちゃいましたww
クジラの口をああ持ってきた意匠は面白いですが、確かに、ヤンキーぽいかも……(笑)
◆micさん
 >主人公に共感できないのが辛いです。人柄が良くたって、見たくない言動ってありますよ(親にすれば、見せたくない言動、かな)。
基本ここまで「弦太朗のノリが全て解決してしまう話」=「それが物語として良い方向である」=「なぜなら弦太朗が主人公だから」という構造なので、弦太朗を許容できないと厳しい、という部分は目立ちますね。割と弦太朗、どうかと思う言行がありますし(^^;
 >そりゃあ舞台ならオーバーな方が映えるし、アニメは「絵」だから許される、というのはありますが、やってるのはTVですから。
アウトサイダーとしての弦太朗がオーバー気味なのはまあわかるのですが、それに引きずられて、全体的に濃くしすぎてちょっとなぁとは思う所です……箸休めの場所が無いというか。