はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

『ペルソナ5』クリアしたので軽く雑感(ネタバレなし)

難易度ノーマル・ネットワーク機能未使用で、プレイ時間は約130時間。
ストーリーは道中引っかかる点が少々あったりはしたものの、エピローグ部分が凄く良くて、最終的には満足の出来でした。
イベント系も含めてマスターしたコープは〔愚者、魔術師、女教皇、女帝、正義、隠者、運命、剛毅、死神、悪魔、星、月、太陽、審判〕。
2つぐらい後一歩だったのですが、全コープMAXを目指して、2週目やりたいかなーという気持ち。
シリーズとしてファン層の間口が広がっているという事もあってか、今回、ダンジョンの殺意は薄めという印象。○○○○前提のバランス、というのがちょっと独特なのですが、ダンジョン=物語の“演出”の一部、という作りなので、怪盗としてスタイリッシュに振る舞うほど有利になる、というのはシナリオとゲームデザインが巧く融合したと思います。
後、主に進めているコープによって、得られるスキルの有用性に割と幅があるので、その辺りで感触に差は出るのかも。中盤で○○と○○○○押さえていると後半までだいぶ違いますし。
終盤に駆け込みで上げた某コープにえらく有用なスキルがあった時は、やられた、と思いました(笑)
制作期間が長かった影響か、テキスト量の膨大さ故か、一部、会話のやり取りの順序がおかしい気がするなどもありましたが、全体としては非常に洗練された作りで、シリーズの進化形として納得の1本。
難を言えば新デザインのペルソナがもう少し欲しかった所ですが、デザイナーの関係もあるので、なかなかリデザインというわけにもいかない所でしょうか。その辺り含めて、次があるなら、『2』→『3』の時のような、大きなモデルチェンジも見てみたいかな、とは思ったりもします。
待ち望んだ期待に十分応えてくれた一本でした。勢いがついたら、ストーリーに触れない範囲で、もう少し何か書くかも。