はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

『ダンジョン飯』(九井諒子)4巻、読了

ダンジョン飯 4巻 (ハルタコミックス)

ダンジョン飯 4巻 (ハルタコミックス)

面白かった……というよりは、凄かった。
そこをそう描くのか、という凄まじさ。
もともと第1巻の頃から既に示唆されている要素ではあり、この作品が○○を描くとそういう方向になるのだな、というのは非常に納得は行くのですが、力強く正面を突っ切ってきて凄かったです。
また、個人のレベルは高いけれど、人数が不足したパーティーで如何にドラゴンと戦うのか、という話としても十分な面白さでした。
それにしてもライオスは、この世界に「冒険者」という職業があって良かったなぁ(笑)
今作の物語的キモは、電源RPGにおける「なぜ冒険者だけが蘇生できるのか」という問いに対し、「特別なのは冒険者ではなくてダンジョンである」という解を持ち込んでいる事にあるのですが、次巻、その深奥に踏み込んで完結、という感じになるのかなぁ……。
今巻は巨大な布石という面が強かったので、次になるのかもう少し続くのかわかりませんが、堂々完結を楽しみにしたいと思います。