はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

そういえばショッカーは去年も海産物だった気がする

◆輝剣さん
 >不条理系かと思ったら意外にメインストーリーは王道を素直にやってくれていましたね。
ラッキーの絡まない関係性(黒×博士、黄×桃、青×緑)に関しては、終わってみると投げ出される事が多い今作にしては、最後まで金銀及び周囲の人間関係を抑えてくれたのが良かったですね。
 >エグゼイド側にもラッキーが登場しますが一切の説明なく主人公同士は顔見知りです
あ、そういう感じでしたか(笑) もうこれは、放映時間の問題でしかないという事で割り切って流すべきなのでしょうけど。
 >イカ&タコが戦闘能力を発揮したりイカとスティンガーが因縁を結んだりと強敵アピールをしていましたが、
 >今は亡きご家老様もキュウレンジャーを圧倒したりスティンガーと絡んだりしていたのを思い返すだにあまり成功しているとは…
今のところ、敵サイドの見せ方はあまり巧く行ってないですよね……尺的に手が回らないので声優頼りになるのは仕方ない部分もあるとはいえ、もう一工夫欲しいところです。
 >それはさておき今回は緑が忍者設定を活かして比較的活躍していましたね。主役のはずの前回よりむしろ好感度が上がった気がします。
みんなが「バランスの為に」と一致団結する流れになったので、意外と積極的に動くサソリ含めてそれぞれの好感度が上がりましたよね。
 >このままいくと本当にラッキーや視聴者から「その話続いてたんだbyトッキュウ1号」という扱いになりそうな気配が。
スパーダとラプター辺りには、チャンプに気遣いを見せるような描写がちょっとでもいいので欲しいですね……(^^; 現状、機能していないブレーキ状態のスパーダには、次回うまい役回りが生まれる事を期待したいです。
◆橘まことさん
 >「人数がもうちょっと少なくて、敵のスケールを地球規模レベルに抑えておけば、毎回話のクオリティが維持できたのではないだろうか……」
フォーマットが完全に“いつもの”になってしまったので、この規模でないと出来ないエピソード、を適宜入れないとアレな感じですよね……。色々な見た目のキャラクターが普通に混ざり合っている、という絵は好きなんですけど。
 >声を当てている小野友樹さんは仗助を始めとしたオラついたキャラの印象が強かったのですが、
 >チャラつきながらも繊細という微妙なキャラも上手いですね。
器用な方ですよね。過去に何度か、こんな役もこなせるのか、と感心した声優さんなので、バランスの演技は今後も楽しみです。
 >新人の役者ではなくある程度実績のある声優にメンバーの半数を任せたってのは良い構成だったのかもしれないですね。
声優陣の、得意技のベテラン2人+芸達者な若手2人+大概のオーダーに答えてくれそうな1人、というキャスティングはかなり絶妙だな、と思います。