はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

光の国から

◆gariさん
 >ウルトラマンは、ギンガ(ギンガS)、X、オーブ、ジードと、これで4シリーズ連続で過去作との絡みをメインに置いた作品になってるんですよねぇ。
今、そういう流れになっているんですね。それである程度の数字を得てしまうと、切り替えるタイミング難しいんでしょうねぇ……。
 >新規開拓より過去作のファンにすがらざるを得ない状態と言うか。
過去ヒーローを絡める、というのは作風と捉えるにしても、作っている側が楽屋ネタみたいなことをしてくるのは、気になってしまう所です。オリジナルと既存ネタの境界線が曖昧で、無意識に固定ファンに甘えているというか。
 >戦隊やライダーの「毎年続ける」「作風を作品ごとに変える」と言うのがシリーズにとってとても大きい事だと言うのが分かりますねぇ。
これを継続して定着させた、というのはホント凄いですよね……。毀誉褒貶激しい所がありつつも《平成ライダー》もいよいよ、シリーズとして20年が近づいてきましたし。