はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

胸のエンジンに火を付けろ

◆wander_sheepさん
 >ギャバンOP2番の「おれもお前も 名もない花を 踏みつけられない 男になるのさ」という歌詞はそんな姿勢が顕著で、とても好きです。
遠くで見ているだけだと思っていたヒーローの存在が、歌詞を通してぐっと近づいて、君もなれるんだ、というのが良いですよねー。誰だってヒーローになりたい(かった)し、ヒーローになっていけないわけがないんだ、という普遍性が見事に表現されているというか。
 >決して強さ一辺倒でなく、倒れることを決して否定していないところがとてもいいですよね。
倒れるのが駄目なのではなく、倒れた後にどうするか、というのが本当に素晴らしいですよね。つくづく懐の広い歌だなと思います。
◆タイキさん
 >この八百屋のトラック、「メガレン」の健太の八百屋のトラックじゃないかという仮説が去年の配信の時に言われてましたw
そういえば実家が八百屋でしたが、そんな形で八百屋繋がりが(笑)
 >これ5話でレンジャービークルが恭介達の車への思いで巨大化したように、根底に「車への愛情」があって、今回は洋子の涙として出てきたのではないでしょうか。
そういえば序盤にありましたね。それを踏まえて考えてみれば、無機物にも魂が宿っている世界なので、人の想いに応える時があるという事でしょうか。
 >この辺見ていて思うのですが、どんな作品にしても味方の質と敵の質って鏡写しのように比例しますね。
敵も味方も世紀末……ボーゾックが『マッドマックス』だと考えると、カーレンジャーが『北斗の拳』という必然?(笑)
 >どうしても不思議コメディとは勝手が違っていて、こと玩具販促では苦戦してるのかなあと思います。
強化アイテムを中心にしてエピソードを書く、というのは慣れないとやはり独特の難しさがあるんですかねー……浦沢先生あまり興味が無さそう、というのもありますが(^^;
 >その瞬間間違いなくサイレンダーにぶっ倒されますよw
菜摘が懐に飛び込んでスパナで関節を外すのが早いか、シグナルマンの抜き打ちが早いか、見てみたいマッチアップですね(笑)