はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

駄メンズ

◆めるさん
 >バランスにとって最大の心のしこりはナーガとの出会いであることを示してたのかな、と。
ここの所は巧く繋がりましたね。時計回はこういう仕込みは良かったなと。
 >本来彼はアウトローなんだという描き方を(子供向けだからマイルドにしてるけど)されてると思ってるのですが、
 >感想サイトを回ってるとそういう意見は少数派みたいで(^^;
恐らくそういう意図はあるのだろうと思うのですが、もっと明確に描写していって良かったと思うんですよねー……なんというかこう、作り手が、キャラが嫌われる可能性を怖がりすぎたのかなぁと。
 >目的のためなら盗賊だろうがアキャンバーだろうがその場でついていく、独自の思考回路というかなかなか振り切れてる人だと思ってて。
確かに今回バランスとの出会いで、単純な善悪の観念では計れない面が明確になったところはありますね。そういう観点でいうとヘビメタナーガの「馬鹿にしてんのか?」というのは割とクリティカルな台詞だと思っていて、キュウレンジャー側のナーガへの視点の変化もあると良いなぁと思っています。
 >主役チームに黒い人やら紙一重な人やら、割とまともな人が少ないところが好きなんだろうと最近気づきました。
 >これだけ好きで見てるのに、キュウレンジャー達の事を正義のヒーローだと特に思ったことはなくて(^^;
あー、私なんかはまずそこから入ってしまうので、それは全くない観点でした(笑) 黒いのやねじ曲がった成分は悪役の魅力として求めがちなのですが、言われてみれば今作、身内でそれを補っている……?
 >特撮ヒーローって普通はもっとまっとうな感じの、憧れたり共感したりこの人に守ってもらいたい!と思うような人達が出てくるものなのかしら、と...
理想はそこを向いているのかなと思うのですが……割と……ダメンズが、多め……ですかね……。
 >もし良ければ、管理人さんのおすすめの戦隊を教えていただけたら嬉しいです。
とりあえず過去10年から個人的ベスト3(放映順)をあげると、『炎神戦隊ゴーオンジャー』(08)・『烈車戦隊トッキュウジャー』(14)・『動物戦隊ジュウオウジャー』(16)になります。この中では特に『ゴーオンジャー』が00年代戦隊のスタンダードを意識した作りになっているかなと。
あと『海賊戦隊ゴーカイジャー』(11)は面白いのですが、メモリアル作品で過去戦隊のネタやゲストがざくざく登場するので、好きな作品が出来てから見た方が面白い作品かと(過去作品の完結後を描いていたりもするので(^^;)。
 >感想サイト巡りをしていると、どうもキュウレンジャーは異色作(?)みたいらしいと思うに至りまして(^^;
フォーマットはかなり崩している作品ですね(^^; 逆に『キュウレン』が気に入っていると、他作品の良くも悪くもフォーマットに填め込んでいく作りが合わない、という事があるかもしれません。
◆さやまきさん
 >Gメン話もそれだけ前倒ししてやっとけば出てない時でも(ひょっとしてモアちゃんが裏で手を回してくれてるから出なくても良いのかも)とか考えるじゃないですか(笑)
正体バレでリクが再起不能とかいうわけでなく、むしろ関係が良い方向に回った事を思うと、先にやってくれた方がGメンが水面下で活動している事に納得しやすかったかもですねー。
 >そしてモアを立てれば今度はライハが消えてしまうのは明らかに人物の多さを扱いきれてないのを露呈させてますし
まるっきりマユのお守り役だけでしたからね……(^^;
 >リクがライハとの基地同居を運命とか言ってしまうのは
最近リクがモノローグなどで、やたらと大きな運命の存在を肯定的に扱う傾向なのは、ちょっと不安になります(笑)
 >スタッフもキャストもホントに面白がってやってるのかな…という気がしてなりませんでした(苦笑)
宇宙人も怪獣も微妙にすべり気味な感じはありましたね……(^^;
◆つるさん
 >一つのエピソードとしては、まあ、うん、という感じでしたが、モアへの好感度はかなり上がったのでその一点では満足です(笑)
ゲスト宇宙人が結局しっくり来ないままでしたが、モアは良い方向に掘り下げられて、存在感出て良かったですねー。Gメンもどうにか、メインストーリーに接続できましたし。
 >リクに対するモアの「親しいけど今は近くにいない」という距離感がいまいちよく分からなかったのですが、
 >これまで家族に近すぎる関係だったからこそ、家族になるための一歩が踏み出せない子なのかなーと思うと納得できました
仕事も知らないんだ? というのはありましたが、モアの方が心を整理する為の冷却期間を自ら置いた、と考えるとなんとなくしっくり来ますね。
 >家族がいないリク、家族を守りたいレイト、家族を失ったライハと来て、家族になるかもしれないモア、という立ち位置もしっくり来ますし
家族テーマのまぶし方はうまく配置できていると思うので、後半にかけて、綺麗に繋がってきてほしいですね。ライハもなんとか……。
 >それと今回、要所要所でモアがしっかり大人側のキャラクターとして描かれたのも良かったです
これは良かったですね。ちゃんと自分にも他人にもブレーキをかける事が出来る人として描かれていて。後はライハと和解するだけですが……誤解さえ解ければ、ライハはモアの可愛がり対象になりそうな気がしていなりません(笑)
 >クライシスインパクトは、Gメン先輩が知ってたので宇宙人は知ってる、という設定っぽいなーとは思うのですが、
 >まずGメン先輩が何者かよく分からないですもんね…^^;
そうなんですよねー。なんとなくGメン先輩の知識が宇宙人一般の代表ぽい描写ではあるのですが、いやこの人、本当にそんなスタンダードな存在なの?! という(笑)
◆とまさん
すみません、コメント拝読させていただきましたが、一部キャラクターに対する攻撃的な表現が行きすぎていると判断して、非公開とさせていただきました。